【医療機器】ホルター解析装置のおすすめメーカーと価格

今回は、【医療機器】ホルター解析装置のおすすめメーカーと価格相場とは?をお伝えします。

【現役】医療機器の営業マン
【現役】医療機器の営業マン
こんにちは、医療クリニックで使用されるホルター解析装置のメーカーや価格相場をご紹介します。開業される方や買換えを検討されている方のご参考になれば幸いです。

 

 

【医療機器】ホルター解析装置のおすすめメーカーと価格相場

ホルター解析装置とは、長時間心電図のデータを解析する医療機器です。

長時間心電図とは、24時間以上の心電図を記録する心電図のことを指します。通常の12誘導心電図では捉えきれない心臓の症状をより正確に捉えるために長時間心電図を記録するのです。

主に循環器科を標榜するクリニック・病院にて導入されるケースがほとんどです。

 

ホルター解析装置を扱うメーカーについて

ホルター解析装置を扱う主なメーカーは以下の通りです。

  • 日本光電工業株式会社
  • フクダ電子株式会社

 

 

ホルター解析装置を扱う各メーカーの特徴について

ホルター解析装置を扱うメーカーの特徴については以下の通りです。

日本光電工業株式会社

【引用】日本光電工業株式会社公式サイト

会社名 日本光電工業株式会社
本社住所 東京都新宿区西落合1丁目31番4号
電話番号 03-5996-8000
ホームページ https://www.nihonkohden.co.jp/
特徴 大病院・大学病院に強いメーカーです。循環器Drが必要な機能を解析装置に落とし込んでいることから、拠点病院の循環器Drからは高い支持を獲得しています。

一方で価格が高い傾向があり、購買力の低い中小病院やクリニックでは価格勝負で負けることもあります。

 

フクダ電子株式会社

【引用】フクダ電子株式会社公式サイト

会社名 フクダ電子株式会社
本社住所 東京都文京区本郷3-39-4
電話番号 03-3815-2121
ホームページ https://www.fukuda.co.jp/
特徴 とにかく価格が安く、かつ機能性の高いハイグレード機種を持つメーカーです。

自社にない機能でかつ他社が持っている有用な機能があると分かれば、すぐにその機能を取り入れた後継機種を販売しようとします。

加えて他社にない独自の機能を開発し、循環器Dr、検査技師を囲い込むのが上手いメーカーです。

 

 

ホルター解析装置の価格相場について

ホルター解析装置を扱う各メーカーの価格相場は、税抜200〜300万円です。価格が変動する要素としては主に「ホルタレコーダの台数」が挙げられます。

ユーザーからの見積依頼の場合、「解析装置+レコーダー」の組み合わせで依頼を貰うことが多いためです。そのため、レコーダーの台数が多ければ多いほど、金額が上がる傾向があります。

 

ホルター解析装置の選び方のポイント

ホルター解析装置の選び方のポイントは以下の通りです。

  • AFの解析能力

循環器Drの多くは特にAF(心房細動)の解析能力について気になっている方が多いです。AFの解析精度や判別の仕方が簡便であるか、といった細かい機能を有しているかを選定ポイントにおいているユーザーが一定数いるのです。

  • 価格

採算性の高い検査項目であるホルター検査ではありますが、初期導入コストを気にされる病院やクリニックは少なくありません。「いかに安く導入させるか」に主眼においているユーザーは一定数いるのです。

  • 操作性

ホルター解析装置を操作する人は検査技師と医師の2パターンです。

そのため、検査技師と医師の両者が使いやすい装置である必要があります。検査技師にとって使いやすくても、医師にとって使いにくければ選定されません。操作性において両者が満足できる機種が選定される傾向にあるのです。

 

 

 

病院・クリニック向け医療機器カテゴリーの記事