【医療機器】麻酔器のおすすめメーカーと価格

今回は、【医療機器】麻酔器のおすすめメーカーと価格相場とは?をお伝えします。

【現役】医療機器の営業マン
【現役】医療機器の営業マン
こんにちは、医療クリニックで使用される麻酔器のメーカーや価格相場をご紹介します。開業される方や買換えを検討されている方のご参考になれば幸いです。

 

 

【医療機器】麻酔器のおすすめメーカーと価格相場

麻酔器とは、手術中の患者に対し麻酔薬を吸入させるための医療機器です。

麻酔薬の吸入に加え、人工呼吸の役割も担っています。手術中の患者の痛みを和らげつつ、しっかり呼吸ができるようにサポートすることを目的として、手術を行うクリニック・病院の手術室で導入されます。

 

麻酔器を扱うメーカーについて

麻酔器を扱う主なメーカーは以下の通りです。

  • アコマ医科工業株式会社
  • ドレーゲルジャパン株式会社
  • GEヘルスケア・ジャパン株式会社
  • フクダ電子株式会社

 

 

麻酔器を扱う各メーカーの特徴について

麻酔器を扱うメーカーの特徴については以下の通りです。

アコマ医科工業株式会社

【引用】アコマ医科興行株式会社公式サイト

会社名 アコマ医科工業株式会社
本社住所 東京都文京区本郷2-14-14
電話番号 03-3811-4151
ホームページ https://www.acoma.com/
特徴 麻酔器国内シェアNo.1のメーカーです。麻酔器と呼吸器を多く持つメーカーです。

国内メーカーならではの手厚いフォロー体制もあり、信頼を置いているユーザーが多く存在します。価格も安い上、他社に負けない機能性の高さを有しています。

 

ドレーゲルジャパン株式会社

【引用】ドレーゲルジャパン株式会社公式サイト

会社名 ドレーゲルジャパン株式会社
本社住所 東京都品川区上大崎2-13-17目黒東急ビル4F
電話番号 03-6447-7171
ホームページ http://www.draeger.com/
特徴 周術期関連製品を多く持つメーカーです。

生体情報モニタなどの製品と絡めてトータルソリューションができる点で麻酔科医から高い評価を得ています。

 

 

GEヘルスケア・ジャパン株式会社

【引用】GEヘルスケア・ジャパン株式会社公式サイト

会社名 GEヘルスケア・ジャパン株式会社
本社住所 東京都日野市旭が丘4-7-127
電話番号 042-585-5111
ホームページ https://www.gehealthcare.co.jp/
特徴 OP室、ICU、HCUなどの重症サイトに強いメーカーです。

ドレーゲル社同様、生体情報モニタと絡めて製品提案を行う世界的なメーカーです。

 

フクダ電子株式会社

【引用】フクダ電子株式会社公式サイト

会社名 フクダ電子株式会社
本社住所 東京都文京区本郷3-39-4
電話番号 03-3815-2121
ホームページ https://www.fukuda.co.jp/
特徴 とにかく価格が安く、かつ機能性の高いハイグレード機種を併せ持つメーカーです。

自社の生体情報モニタを導入している施設には漏れなく自社製品の麻酔器を導入しているケースが多いです。

 

 

麻酔器の価格相場について

麻酔器を扱う各メーカーの価格相場は、税抜300円〜800万円です。価格が変動する要素としては「測定パラーメータの有無」が挙げられます。

通常測定する気道内圧やフロー、ボリュームに加え、以下の点がオプションとして設定されているケースが多いです。これらを含めるか否かで価格が大幅に変動します。

  • O2
  • CO2
  • N2O
  • 麻酔ガス

 

麻酔器の選び方のポイント

麻酔器の選び方のポイントは以下の通りです。

  • 測定パラメータの有無

麻酔器を選ぶ上で最も重要なポイントです。麻酔科医にとってモニタリングしたいパラメーターを有しているか否かで選定される機種が左右されます。

  • 人工呼吸器としての性能

人工呼吸器で通常使用する換気モードをどれほど有しているかも重要なポイントです。

  • サイズ

手術室は、様々な医療機器や医療材料が置かれているため、手狭なケースが多いです。そのため、麻酔器導入の際は、コンパクトで幅を取らない機種が好まれる場合があります。

 

 

病院・クリニック向け医療機器カテゴリーの記事