【車椅子用センサーの価格と評判】徘徊対策におすすめ

【車椅子用センサーの価格と評判】徘徊対策におすすめ

2021年6月22日

介護施設向け車椅子用センサーの価格と評判

1)株式会社テクノスジャパン【座コール ZC-R】

 【引用】:株式会社テクノスジャパン ホームページ

長所
  • 車椅子の座席に敷くタイプのセンサーです。
  • 車椅子から立ち上がると、報知し知らせてくれます。
  • センサーの上にクッション等を敷くことで違和感なく使えます。
  • センサーはケーブルのないコードレスです。
  • 車椅子からの立ち上がりに危険がある利用者さんにオススメなセンサーです。
  • ナースコールと連動し、ナースコールから報知します。
定価
  • 本体価格 88,000円(税別)

2)株式会社バイオシルバー【チェアセンサー BCP380-N】

【引用】:株式会社バイオシルバー ホームページ

長所
  • 車椅子の座面に敷いて使用するセンサーです。
  • 利用者さんが腰を浮かせると検知して、報知ます。
  • その場でアラート音が鳴り、お知らせしてくれます。
  • 音量は2段階で調整可能です。
  • オプションでナースコールと連動できます。また、専用の携帯型受信機にて報知することも可能です。
定価
  • 本体価格 40,000円(税別)

3)株式会社エクセルエンジニアリング【チェアセンサー EPC59】

【引用】:株式会社エクセルエンジニアリング ホームページ

長所
  • 車椅子の座面に敷いて使用するセンサーです。
  • 利用者さんが腰を浮かせると検知して、報知ます。
  • ナースコールと連動し、ナースコールから報知するタイプと、その場で音楽で報知するタイプがあります。
  • コンパクトな形状の為、軽量で設置が簡単です。
  • モニターとセットでスマホを連動させ、録画することも可能です。
定価
  • 本体価格 62,700円(税別)

 

介護センサーの見積りはこちら【全国対応】

 

4)アズワン株式会社【PA-CHAIR】

【引用】:アズワン株式会社 ホームページ

長所
  • 車椅子の座面に敷いて使用するセンサーです。
  • 利用者さんが腰を浮かせると検知して、報知ます。
  • 電池式なので、使用する場所を選びません。
  • 検知するとその場でアラームがなり報知します。
  • 非常に安価でお求めやすい価格です。
定価
  • 本体価格 17,000円(税別)

5)株式会社アサヒメディケア【チェアセンサーメロディ16】

【引用】:株式会社アサヒメディケア ホームページ

長所
  • 車椅子の座面に敷いて使用するセンサーです。
  • 利用者さんが腰を浮かせると検知して、報知ます。
  • メロディ8曲、アラーム音8曲の16曲から報知音を選択できます。
  • 音量調整が3段階で調整できます。
  • パッド素材が耐久性に優れています。
  • 電池式で使用する場所を選びません。
  • 簡単操作で使用できます。
定価
  • 本体価格 64,900円(税別)

6)株式会社ホトロン【あゆみちゃん HB-WTV3】

【引用】:株式会社ホトロン ホームページ

長所
  • 車椅子の背面に引っ掛ける形で設置して使用するセンサーです。
  • 利用者さんが立ち上がると本体からプレートが抜け、報知ます。
  • メロディ6曲から選択できます。
  • 別途ナースコール接続ケーブルがあれば、ナースコールがない部屋の簡易的なナースコールとしても使用できます。
定価
  • 本体価格 46,400円(税別)

 

介護センサーの見積りはこちら【全国対応】

 

介護施設での車椅子用センサーの選び方とは?

大前提として、車椅子用センサーは利用者さんの安全と快適な生活を守る為の機器です。センサー報知時に対象の車椅子がどこにあるか分からないなどの、状況に陥らないように注意して、選定しましょう。

また、車椅子用センサーが向いているのは、車椅子からの立ち上がりの際に転倒や転落のリスクのある場合、徘徊などの傾向がある場合です。

  • ナースコールの有無と必要性を考え、タイプを検討する。
  • 利用者さんの居室内で使用するのか、共有スペースで使用するのかで、タイプを検討する。
  • 利用者さんの体格や状況でタイプを検討する。

以上のことに留意して選んでみましょう!

 

介護センサーの見積りはこちら【全国対応】