【介護施設向けセンサーの長所】補助金の対象です

【介護施設向けセンサーの長所】補助金の対象です

2021年6月8日

介護施設向けセンサーの長所とは

日夜、介護施設では介護士や看護師の人たちが、高齢者の方々の介護業務を行っております。しかし、昨今の人材不足が原因で、介護施設のスタッフに大きな負担がかかっております。

そこで国や自治体、企業も介護スタッフの負担を減らし、快適に業務を行えるように多くのサポートを実施しております。

今回は介護施設で需要が高まっている、介護施設向けのセンサーの長所を分かりやすく説明していきます。

 

介護センサーの見積りはこちら【全国対応】

 

介護施設向けセンサーの種類

ベッドコール

ベッドマットの下、もしくは上に敷いて使用するセンサーです。利用者がベッド眠っている際は反応しませんが、上体を起こすなど自重がかからなくなると、受信機やナースコールで報知して知らせてくれます。

ベッドコールを使用することによって、遠隔でも利用者がベッドの上にいるかいないかが分かり、利用者の状態確認の為、直接居室に確認しに行く回数を減らす事ができます。

また、他業務で居室を長時間離れる際、万が一にベッドからの転落や転倒が起こってしまっても、いち早く気づく事ができ、適切な処置を迅速に行う事ができます。

そのため、状態確認の為に直接居室に行く回数を減らせる事と、万が一の事故の際にいち早く気づくことができることが長所と言えます。

コールマット

ベッドの介助バーで塞いでいない側の床に敷いて使用するセンサーです。センサーを敷かない側は介助バーで塞いでおく事も必要です。

ベッドから降りてマットを踏むと、受信機やナースコールで報知して知らせてくれます。

コールマットを使用することによって、起き上がりが可能だが行動するには介助が必要な利用者が、介助者がいない状況でベッドから移動していないかが分かります。

ベッドコールと同じで長時間居室を離れる状況でも、遠隔で居室内の利用者さんの状況を認識することができます。

そのため、状況確認の為に直接居室に行く回数を減らせる事と、利用者さんが起き上がりベッドから降りようとしている事に気づく事ができることが長所と言えます。

ドアセンサー

居室の入口や施設の出入口、窓に設置して使用するセンサーです。居室に設置するセンサーと出入口に設置するセンサーで別のタイプのセンサーを使用するケースもあります。

ドアセンサーはドアや窓が開くと、受信機やナースコールで報知して知らせてくれます。

徘徊してしまう利用者さんがいらっしゃる場合に使用し、勝手に居室や施設を出て外に出てしまう事を防ぎます。実際に利用者さんの徘徊をスタッフが気づけず外で迷子になってしまうというケースはあります。

そのため、徘徊から万が一の事故や迷子を防ぐことができることが長所と言えます。

車いすセンサー

車いすの座面に敷いて使用するセンサーです。車いすから立ち上がると受信機やナースコールで報知し知らせてくれます。

日中の食事介助中や多目的ルーム等で、車いすに座って過ごす利用者さんがいる場合でも、常に隣で介助する事ができません。そのため、一時的に離れる際などに、万が一車いすからの転落や転倒時にいち早く気づく為に使用します。

また、立ち上がりには介助が必要なのに、近くにスタッフがいないなどで、自力で車いすが立ち上がろうとする利用者さんもいらっしゃいます。気づかないうちに事故が起きて、すぐに対応できないという事が重大な事故に発展することがあります。

そのため、状況確認の為に車いすに座っている利用者さんを、直接確認する回数を減らせること、万が一の転落、転倒の際にいち早く気づく事ができることが長所と言えます。

 

介護センサーの見積りはこちら【全国対応】

 

介護施設向けセンサーのまとめ

センサーを設置し使用する長所として下記の項目があります。

  • スタッフの業務負担の軽減
  • 利用者の安全の確保
  • 万が一の際の迅速な対応

介護施設向けのセンサーは近年需要が高まり、多くの介護施設が導入を実施もしくは検討しております。

導入にあたり、高額な費用が必要となった際も、活用できる助成金制度があるので、計画的に導入を進めることで導入に掛かる負担を軽減することは可能です。

今後、介護施設向けセンサーの導入はもっと進んでいき、介護業界もICT化が進んでいます。うまくシステムを活用して安全で快適な介護環境を作っていきましょう!

 

介護センサーの見積りはこちら【全国対応】