【医療機器】呼気NO測定器のおすすめメーカーと価格

今回は、【医療機器】呼気NO測定器のおすすめメーカーと価格相場とは?をお伝えします。

【現役】医療機器の営業マン
【現役】医療機器の営業マン
こんにちは、医療クリニックで使用される呼気NO測定器のメーカーや価格相場をご紹介します。開業される方や買換えを検討されている方のご参考になれば幸いです。

 

 

【医療機器】呼気NO測定器のおすすめメーカーと価格相場

呼気NO測定器とは、NO(一酸化炭素)の測定が可能な機器のことを指します。

NOを測定することで気道炎症の度合いを確認することができ、喘息等の診断に活用されます。呼吸器内科を標榜しているクリニックや病院を中心に導入されるケースが多いです。

 

呼気NO測定器を扱うメーカーについて

呼気NO測定器を扱う2つのメーカーは主に以下の通りです。

  • チェスト株式会社
  • 原田産業株式会社

 

 

呼気NO測定器を扱う各メーカーの特徴について

チェスト株式会社

【引用】チェスト株式会社公式サイト

会社名 チェスト株式会社
本社住所 東京都文京区本郷3-25-11
電話番号 03-3813-7200
ホームページ https://www.chest-mi.co.jp/
特徴 呼吸関連の医療機器をメインに販売しているメーカーです。特に呼気NO測定器のシェアは世界NO.1であり、多くの呼吸器内科の医師から評価をされています。

測定精度の高さから、学会の論文でもチェスト社の呼気NO測定器が使用されているケースが多いです。

 

株式会社原田産業株式会社

【引用】原田産業株式会社公式サイト

会社名 原田産業株式会社
本社住所 大阪府大阪市中央区南船場2丁目10番14号
電話番号  06-6253-2470
ホームページ https://www.haradacorp.co.jp/
特徴 呼吸関連製品のみならず、様々な製品を販売展開している総合商社です。イニシャルコストは高めですが、ランニングコストが安いです。

精度を気にせずとにかくランニングコストを抑えて呼気NOを測定したいユーザーから選ばれるケースがあります。

 

 

呼気NO測定器の価格相場について

呼気NO測定器の価格相場は、税抜80万円前後です。

 

呼気NO測定器の選び方のポイント

呼気NO測定器の選び方のポイントは以下の通りです。

測定精度の高さ

呼気NO測定検査は、NO値を確認する際に、操作者の手技によって値が変動しないことが前提の検査になります。その意味で精度が担保されているかは非常に重要な要素です。

ランニングコスト

消耗品であるアダプタ(フィルタ)のランニングコストが安いか否かが重要視されます。呼気NO測定で喘息等の診断に活用するにあたり、ランニングコストがそれに見合うかは1つの判断基準となります。

キャリブレーションの有無

測定の際にキャリブレーションが必要か否かは、操作者にとって重要です。特に検査件数が多い医療機関では、キャリブレーションがあるか否かで患者への結果のフィードバック時間が変わってくるからです。

本体のサイズ

医療機関の診察室や検査室は様々な機器が置いてあることが多く、手狭なケースが少なくありません。そういったケースであっても、設置スペースを取らず、持ち運びに優れているとユーザーから喜ばれます。

 

 

病院・クリニック向け医療機器カテゴリーの記事