【介護施設のBCP】蓄電システムのおすすめメーカーと価格相場

今回は、【介護施設のBCP】蓄電システムのおすすめメーカーと価格相場をご紹介します。

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
こんにちは、私は福祉用具専門相談員として営業をしております。今回は介護施設向けの蓄電システムをご紹介します。BCP対策を検討されている方のご参考になれば幸いです。

 

 

【介護施設のBCP】蓄電システムのおすすめメーカーと価格とは?

1)ネクスコン・ジャパン【ENSUS-2】

引用:ネクスコン・ジャパン株式会社 ホームページ

長所
  • 介護施設ではソーラーパネルと組み合わせて、停電対策などにシステムを構築している実例があります。
  • 各機に搭載された高性能なBMSが、電圧・電流・温度を常に監視しておりますので安全です。
  • 接続されているすべてのバッテリーを均等に充電するので、効率がいいことが特徴です。
  • 約20kwhの構成が可能な、高い拡張性があります。システム構築後に更なる畜伝容量を確保できます。
  • 鉛電池の1/3程度の重量です。持ち運びがしやすく移動できることも大きな特徴です。
  • LEDで電池状態を表示してくれます。
短所
  • 設置施工費に費用がかかります。
価格
  • 正規販売店へお問い合わせください。

2)CONNEXX SYSTEMS【BLP】

引用:CONNEXX SYSTEMS株式会社 ホームページ

長所
  • 三相機器だけでなく、単相機器にも給電が可能です。
  • 73.7kwhの高い拡張性と蓄電容量があります。
  • 疑似連携機能があることで、停電時でもPVパワコンが自立運転にならない為、通常通り発電できます。
  • 最大4台まで並列接続でき、294kwhまで拡張が可能です。
  • ステンレス筐体の為、IP54相当の防水・防塵性があります。屋外への設置が可能です。
短所
  • 設置施工費に費用がかかります。
価格 メーカーへお問い合わせください。

 

3)ELIIY Power【POWER YIILE3】

引用:エリーパワー株式会社 ホームページ

長所
  • 最大蓄電容量2.5kWhと可搬型の中で大容量です。
  • サイズが非常にコンパクトで可搬できることが大きな特徴です。
  • IoT時代にフレキシブルに対応できます。クラウド管理ができます。
  • 次世代パワー半導体SiCを採用しており、電力変換のロスとを極限まで減らしております。
  • 稼働音の静音性が非常に高いです。
  • クラウド管理されている為、電力履歴や蓄電率をスマホ・タブレットから確認する事ができます。
  • 太陽光パネルから直接充電可能です。
短所
  • 最大蓄電容量が設置型に比べると少ないです。
価格 参考価格:823,890円(税別)

4)EPエンジニアリング【EPSシリーズ】

長所
  • 太陽光パネルから充電が可能です。
  • 最大蓄電容量は1.28kWhです。
  • 最大容量は増量が可能です。(最大2.56kWhまで)
  • 可搬型な為、さまざまな場所にて使用することが可能です。
  • 車のシガーソケットからも充電が可能です。
  • 本体重量が約11Kgと非常に軽量です。
短所
  • 可搬型で汎用性があるが、最大蓄電容量が少ない為、電力消費の多い機器には使用できない可能性があります。
価格 メーカーへお問い合わせください。

 

 

5)HUAWEI【LUNA2000シリーズ】

引用:華為技術日本株式会社 ホームページ

長所
  • 最大蓄電容量が30kWhです。
  • 軽量性が高く、拡張性も高い為、環境に合わせ規模を大きくできます。
  • アプリにて全機器を管理できます。
  • 基本保障が10年ついております。
  • オプティマイザを内蔵しておりますので、屋根面積を最大限活用できます。
  • AFCI機能のより、安全性能を高めております。
短所
  • 設置施工費に費用がかかります。
価格 メーカーへお問い合わせください。

 

【介護施設のBCP】蓄電システムの選び方とは?

まず、可搬型か設置型かで費用も性能も全然違います。災害時の蓄電目的を明確にし、計画的に選定される事をおすすめします。

  • 1.2は設置型で大容量ではありますが、設置費用も高く大がかりです。
  • 3.4は可搬型で汎用性はありますが、最大蓄電容量が少ないです。
  • 5は個人宅でも多く採用されている機種で、蓄電効率・放電効率が非常に高い機器です。

 

 

BCP(事業継続計画)カテゴリーの記事