和興テクノ株式会社の「W-CAREコート」をご紹介

新型コロナウイルスが蔓延し、感染対策は医療・介護現場のみならず社会全体で取り組む問題となりました。体温計、アルコール消毒器が至る所に設置され、感染予防の意識は老若男女に浸透しています。

普段の生活でも抗菌・消毒を徹底していきたいものですが、自宅の中を全て抗菌・消毒するとなると相当な労力と費用が掛かってしまいます。

今回は感染症対策について、手軽さと安全性を兼ね備え和興テクノ株式会社のW-CAREコートをご紹介します。

和興テクノ株式会社

和興テクノ株式会社ホームページより引用>

和興テクノ株式会社は、1956年に東京・銀座で液体ろ過装置とタンク清掃の請負を行う会社として創業した第一濾業株式会社と、1952年に東京・千代田区で創業した工事アンカーや工業用フィルターを製造する和興フィルタテクノロジー株式会社の電力・環境機材特販部が2010年に統合されて誕生した会社です。

価値あるものをつくり出すよろこび、信じあいともに働くよろこび、みんなが豊かになるよろこびをモットーに、元々2つの会社が取り組んでいた持ち味を活かしながら新たな分野である感染予防対策製品に着手しました。

W-CAREコート

和興テクノ株式会社ホームページより引用>

和興テクノ株式会社が提供するW-CAREコートは、スプレータイプで抗菌・抗ウイルスができる製品です。スプレータイプなので対象物を選ばず、さまざまなものの感染対策が可能となります。室内だけでなく車の中など、密閉された空間を除菌することでより安全な空気をつくり出すことができます。

光触媒の力で菌やウイルスを撃退

W-CAREコートの高い抗菌力は、酸化チタンの持つ光触媒によって発揮されています。酸化チタンは太陽光に含まれる紫外線が当たると強力な酸化力を発揮し、表面に付着する菌やウイルスを分解します。

酸化力を発揮したチタンは変化することなく繰り返されるため、高い効果が長く続くことが特徴です。W-CAREコートが持つ可視光光触媒は太陽光だけでなく蛍光灯やLEDでも反応するため、室内でも高い抗菌効果が期待できます。

消毒用アルコールや塩素系製剤と比較した除菌効果実験では、即効性こそアルコール等が勝るものの抗菌効果の持続性は圧倒的に高い数値を維持しています。アルコール等と併用した感染対策を行うことで、より高い抗菌効果が期待できます。

W-CAREコートの使用方法

W-CAREコートの使用方法はとっても簡単で、抗菌効果を得たい場所に向けてスプレーするだけ。均等に効果を発揮するため、ムラなくスプレーすることがポイントです。スプレー後、完全に乾けば作業完了。ツルツルした平滑面の場合、2週間に1度のスプレーで高い効果が持続します。

W-CAREコートの評価実験

日本繊維製品品質技術センターによる評価試験によると、W-CAREコートの除菌効果は新型コロナウイルス不活化率99.9%を記録。その他にも抗ウイルス効果99.5%、菌やカビの分解も効果が認められました。また2年後の評価でも光触媒効果の効果が残存していることが証明され、持続性の高さも併せて証明されています。

感染対策はより確実に徹底した対策へ

新型コロナウイルスによって、日本のみならず世界全体で感染対策を見直す時代となりました。さまざまな方法が取りざたされる中、細かな気配りと徹底した対策で少しずつ感染者も減少傾向です。

新型コロナウイルスのみならず、今後も新たな感染症が生まれる度に感染対策が見直され、新しい常識が生まれていきます。

今回は感染対策において新たな常識をけん引する和興テクノ株式会社のW-CAREコートをご紹介しました。

【介護施設の書類保存】電子化で倉庫もスッキリと整理

【介護施設の書類保存】電子化で倉庫もスッキリと整理をご紹介します。

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
こんにちは、私は福祉用具専門相談員として営業をしております。今回は書類保存の電子化をご紹介します。「施設内の空き部屋が書類の段ボールで山積み」の方はご覧ください。また、給茶機・自動お茶入れ機をお探しの方はこちらの記事もご覧ください。

 

 

【介護施設の書類保存】電子化で倉庫もスッキリと整理

以下、介護施設や障害者施設で勤務されていらっしゃる皆さんにアンケートをお願いしました。

【質問項目】

  1. ご勤務先の施設とポジションは?
  2. 保存期間内の書類はどこで保管していますか?
  3.  保存期間を過ぎた書類の処理方法とは?
  4. 施設内の書類保管場所から段ボール箱が消えたら、空いたスペースを何に使いますか?

 

  1. 障害者施設の事務
  2. 施設内の空き部屋
  3. 産業廃棄物処理業者が回収
  4. スタッフの休憩室がないので、休憩室に使いたい。あとは、スタッフのロッカーが足りないので、ロッカーを設置する。広ければ、利用者さんが気軽に休めることができるように、マットなど敷いて置きたい。あとは、倉庫として使う。
  1. 特別養護老人ホームの調理師
  2. 施設内の空き部屋
  3. 施設の職員がシュレッダーへかける
  4. 缶詰など常温保存が可能な食材を置きたいと思います。災害時の使用を目的とした食料品、飲料水、食器等の備蓄品がかなり場所を取っています。書類保管の段ボールが無くなったらそれらを管理する為のスペースとして活用したいです
  1. 小規模多機能施設のサブリーダー
  2. 施設内の空き部屋
  3. 施設の職員がシュレッダーへかける
  4. 利用者さん達用の機能訓練器具の置き場が無くて、困っていたので、その空間を利用したい。今は使ってない加湿器を置きたい。事務所が狭いので、余り使わない書類置き場として利用し、事務所を広くして会議をする空間を確保したい。
  1. グループホームの事務長
  2. 施設内の空き部屋
  3. 施設の職員がシュレッダーへかける
  4. 本来はスタッフの会議室や休憩室として使用するためのスペースですので、段ボール箱が無くなったら、スタッフがゆっくりと業務から離れて休憩が出来ますし、打ち合わせや会議、研修などもこまめに行うことが出来るようになると思います。
  1. 介護施設の事務員
  2. 施設内の空き部屋
  3. 施設の職員がシュレッダーへかける
  4. 空いたスペースが出来たら、また別の普段使わないものの大きなものをしまうことになると思います。後は普段は使わないけどたまに使うものとかを保管する場所になるかなと思います。後は利用者の憩いの場になるようなものがあればいいと思います。

 

 

  1. 障害者施設のセラピスト
  2. 施設内の空き部屋
  3. 産業廃棄物処理業者が回収
  4. スタッフの休憩室が欲しい。スタッフルームで休憩を取っているが扉の向こうに利用者がいて、休憩中も利用者の見守りに注意が向いてしまい、しっかり休むことができない。完全に隔離されたスペースに休憩室があるとリラックスできると思う。
  1. 有料老人ホーム事務長
  2. 施設内の空き部屋
  3. 施設の職員がシュレッダーへかける
  4. 外の倉庫に毎年恒例の施設内イベントで用いる道具を置いています。それを夏場の暑い時期に持ち出すのは大変しんどい思いをすることから、施設内の空きスペースが出来たのなら、そこに置いて置きたいと考えます。これまでの作業が楽になるように使いたいです。
  1. 特別養護老人ホームの調理長
  2. 施設内の空き部屋
  3. 施設の職員がシュレッダーへかける
  4. 敬老の日、クリスマス、お正月などのイベント食に使用する飾りや食器類を、それぞれの用途に分けて保管したいと考えています。内容はイベント用にデザインされたテーブルクロス・ランチョンマット・食器類(箸置き含む)に加え、ラッピング資材・クリスマスツリー・臼とキネなどです。
    現在は各部署の空いたスペースにバラバラに保管してありすぐに見つけられず毎回同じ無駄を繰り返していますので、もし書類保管庫が空きましたらイベント資材を1室に集約したいと思っています。
  1. グループホーム管理者
  2. 施設内の空き部屋
  3. 施設の職員がシュレッダーへかける
  4. 自分自身としては書類関係のスペースの影響でどうしても職場環境的にあまりよくなかったので空いたスペースには職員の憩いの場として休憩室などのスペースとして利用をしております。なので今現在も職員もすっきりとした気分で空いたスペースで休憩をし、メリハリをつけて業務に取り組んでおります。
  1. 老人保健施設の支援相談員
  2.  施設内の空き部屋
  3. 産業廃棄物処理業者が回収
  4. 段ボールや備品が山積み状態で保管されており、必要なものを取り出すのも一苦労。もし、スペースが空けば、スタッフの休憩スペースや更衣室も狭いので、スタッフ用のスペースの拡充ができると良い、現在、休憩であふれた職員は自分の通勤の車で休憩している職員もいるので。

 

 

この記事は現在執筆中です。今後、続きを書いてまいります。

JMACS株式会社の「JSeeq-CareⓇ」をご紹介

転倒リスクを軽減し、安全を確保するセンサー。物理的な制限を設けなくても行動を見守ることができるセンサー類は、プライバシーを尊重しながら重大事故を防ぐことができる欠かせないツールとなっています。

今回はシンプルなデザインながらも高性能な、JMACS株式会社のJSeeq-Careをご紹介します。

JMACS株式会社

JMACS株式会社ホームページより引用>

JSeeq-Careを取り扱うJMACS株式会社は、1965年に日本電線工業株式会社として産声を上げました。「スピードと技術のJMACS」をモットーに、築き上げた技術で排出する高性能ケーブルの他にもソリューション事業、海外市場の拡大の3事業に取り組んでいます。

インターネットが生活の一部となり、欠かせない要素となった現代。無線を有線で支え、文字通り「つなぐ」事業で華々しい表舞台を影で支える堅実な企業のひとつです。

JSeeq-Care®)

JMACS株式会社ホームページより引用>

介護現場サポートシステム「JSeeq-Care(ジェイシークケア)」は、JMACS株式会社が開発・運用する見守りセンサーです。さまざまなタイプが取り揃えられているJSeeq-Careはいずれも小型で、スペースを取ることなく高齢者の安全を見守ります。

業務効率化とコストダウンを極めたEnOceanセンサー

JMACS株式会社ホームページより引用>

EnOceanとは、エネルギーハーベスティング無線センサ技術の国際標準規格のこと。EnOceanセンサーは大気の圧力や光など、微細な環境エネルギーを無線通信に使用するため環境に優しくコストも抑えられます。バッテリー不要なのに長距離の無線通信が可能となり、不要な配線を引く必要もなく増設も楽々。バッテリースペースがないためセンサー自体も小型になり、スマートな設置が可能です。

見守りモニターや通知アプリを使って異常を検知

JSeeq-Careは、センサーと連携したシステム構成も特徴です。モニターを介した見守りで、施設内のセンサー感知をひと目で確認可能。異常を検知した場合は画面表示とともにアラームでお知らせするため、介助や事務作業を行なっている時も安心。またアプリ通知を使用することで、介助中に画面を確認できない時でもいちはやく把握することができます。

異常が発生している場所がすぐ確認できることで対応も早くなり、結果として業務の時間短縮にもつながります。

先進技術で新時代の安全を見守る

JSeeq-Careはシンプルながら、必要な機能を搭載し洗練された使い方ができるセンサーです。カメラ等もついていないため、利用者のプライバシーを踏まえた見守りを行うことができます。入所者が多い施設でもセンサーの動作状況をモニターで一括管理できるため、異常検知に対してスピーディーに対応することが可能になり、ひいては業務の効率化・時間短縮が可能です。

特別養護老人ホームやサービス付き高齢者住宅など個室化が進む中、安全の確保とプライバシーとの線引きが今後ますます重要になってきます。JMACS株式会社のJSeeq-Careを用いて、他施設と一線を画した安全管理で付加価値のある施設づくりを検討してみてはいかがでしょうか。

 

【介護施設のBCP】非常用電源のおすすめメーカーと価格相場

今回は、【介護施設のBCP】非常用電源のおすすめメーカーと価格相場をご紹介します。

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
こんにちは、私は福祉用具専門相談員として営業をしております。今回は介護施設向けの非常用電源をご紹介します。BCP対策を検討されている方のご参考になれば幸いです。

 

 

【介護施設のBCP】非常用電源のおすすめメーカーと価格とは?

1)レイパワー【3kVA】

引用:株式会社レイパワー ホームページ

長所
  • 停電時に発電機が自動で検知し、40秒以内で自動で起動します。復電時は自動で停止します。
  • 72時間以上の連続運転が可能です。
  • LPガスにて発電します為、寒冷地にも強く、災害対策としては万全です。
  • 小型で静音性があり、軽量な為、水害時にも対応できるよう、ベランダや屋上などに設置することも可能です。
  • LPガスは災害に強く、劣化がほとんどありません。また、全国に整備された中核充填所より供給が可能です。
  • 有害ガスの発生が少ない為、省エネ設計になっております。
短所
  • 野外に設置するため、最低限の保守管理が必要となります。
価格 メーカーへお問い合わせください。

2)ハンセン・ジャパン【FEM-PB1600】

引用:ハンセン・ジャパン ホームページ

長所
  • ポータブル蓄電器の為、持ち運ぶ事ができることが最大の特徴です。
  • 小型で管理しやすい形状です。(W400×D200×H380)
  • 付属品でACアダプターと一緒に、カーアダプターも付いております。
  • 相充電時間は太陽光パネルを使用し、5,6時間です。
  • 高出力の電気製品にも対応しております。
短所
  • 小型で持ち運びはできますが、重量は17.1kgあります。
価格 参考価格:330,000円(税別)

 

 

3)日本プロフィックス・エンジニアリング【PVS-144】

引用:株式会社日本プロフィックス・エンジニアリング ホームページ

長所
  • 小型で軽量(1.8kg)です。持ち運びのしやすさが最大の特徴です。
  • 飛行機にも持ち込みOKな仕様になっております。
  • LEDライト点灯機能が備わっております。
  • 太陽光パネルにて4時間~6時間で充電完了です。
  • 一般社団法人防災安全協会より、認証を受けております。
短所
  • 小型であるがゆえに、単体での出力は弱いです。複数購入されることをおすすめします。
価格 参考価格:59,800円(税別)

4)JVCケンウッド【BN-RB10-C】

引用:JVCケンウッド株式会社 ホームページ

長所
  • 防災防疫製品大賞2021受賞した商品です。
  • 一般社団法人防災安全協会より、認証を受けております。
  • ハンドルが折りたたみ式で持ち運びに便利です。
  • 国内メーカーの為、安全信頼のおける品質管理基準をクリアしております。
  • デザインが良く、先進的なデザインをしております。
短所
  • 太陽光パネルを使用した際の充電完了時間は17時間です。
価格 参考価格:148,500円(税別)

 

 

5)エネテク【エルソナ】

引用:株式会社エネテク ホームページ

長所
  • LPガスを使用する自家発電非常用電源です。
  • LPガスの為、燃料劣化がほとんどありません。
  • 寒冷地にも強い設計です。
  • 移動式の為、持ち運びが可能です。
  • 騒音が少ない設計になっております。
  • 別途オプションにて防音カバーがあります。
  • プッシュスタート機能があります。
短所
  • ガソリンとガスのハイブリッド構造の為、取り扱いには注意が必要です。
価格 参考価格:630,000円(税別)

 

 

【介護施設のBCP】非常用電源の選び方

BCPとして、非常用電源は「どういう用途で使用するのか」で選ぶことが重要です。それぞれ、最大出力が違い、介護機器を含めた施設電源としてお考えであれば、必然的に大型かつ出力の強い非常用電源となります。

災害時の電化製品のみなど最低限でお考えであれば、発電式でなく蓄電式を選ばれる事をオススメします。

  • 1.5の非常用電源は発電式です。災害時の施設電源復旧にも使用が可能です。
  • 2.3.4の非常用電源は蓄電式です。スマホ、電子レンジなど電化製品の充電に適しております。また持ち運びが可能な為、災害時に臨機応変に使用が可能です。

 

 

【介護施設長の悩み4選】必ず共感できる管理者の課題とは?

今回は、【介護施設長の悩み4選】必ず共感できる管理者の課題をご紹介します。

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
こんにちは、私は福祉用具専門相談員として営業をしております。今回は【介護施設長の悩み4選】必ず共感できる管理者の課題をご紹介します。

 

 

【介護施設長の悩み4選】必ず共感できる管理者の課題とは?

①従業員にまつわる悩み

  • 職員採用が難しい

最近では、ハローワークでの採用がほとんどありません。有料紹介による職員採用は、コストが非常に高額となります。

紹介手数料の多くが年収の約30%で、紹介手数料が100万円を超えることもあります。新卒者採用も非常に厳しく、介護を志す学生が非常に少ないため採用が難しいです。

 

  • 職員への評価の付け方が難しい

介護職は数字で成果が表しにくい仕事です。そのため、どのように評価をしていくか(昇給や賞与、昇格など)は非常に厳しい職場です。

 

  • 職員のモチベーションが低い

現在は特養で働いていますが、以前の介護老人保健施設と比較すると職員のモチベーションが低く感じています。以前の職場では病院が併設していたので、学習会や勉強会も多くありました。

特養には専門職が少ないため、モチベーションが低いように感じています。また、向上心(学習欲や出世欲など)が低いのも介護現場の特徴かなと思っています。

 

  • 職場のコミュニケーションが上手くいかない

介護現場では、シフトで動くことが多く、毎日顔を合わせないことも多い。そのため、職員同士のコミュニケーションがうまくいかないことが多いです。

若い職員から年配の職員まで幅広い職員がいることもあり、コミュニケーションエラーに繋がっている面もある。インカムを上手に活用できれば、状況は改善できるかもしれません。

 

  • 職員の定着率が低い

介護職、看護職ともに引く手あまたな職種です。少しでも不満があればスグに転職していますことが多いです。職場の人間関係に不満を感じて辞めることも多いですし、若い女性の場合、結婚や妊娠して辞めるということも多いです。

 

 

②物品関係にまつわる悩み

  • 購入する物品の相場が適正なのかを調べるのが難しい

多くの場合、取引関係のある業者から物品を購入します。(オムツや福祉用具、消耗品など)手間を考えるとそのようが簡単なのですが、それが適正な価格なのかを評価するのが難しいと思っています。

 

  • コストとクオリティー、安全のバランスをどのように取るか

コロナ禍において、コストとクオリティーのバランスをどのように取るか頭を悩ませます。病院などでは、衛生用品(グローブやマスク、防護服など)は、一人ごとに交換が原則と言われます、コストの厳しい介護施設では、コストと安全の線引をどのように取るか(どのタイミングで捨てるかなど)を考えるのが難しいです。

 

  • 福祉用具の入れ替え

現在勤務する特養は、開設より10年程度が経過しています。車いすやベッドなど、「まだ使えるけど傷んでいる」ものが増えています。買い替えるのか、直すのか、どのタイミングで入れ替えるかなどが課題です。

 

  • 利用者や職員の快適や安全と関係がないコストが多くかかる

入居定員100名の特養です。施設の大きさも大きいので、設備の劣化も目立ちます。直接、処遇に影響しない設備の修繕には頭を悩ましています。(具体的には、浄化槽の修繕や屋外外壁の修繕など)

 

  • 購入しても使っていない物品が多い

施設開設時にリフトを入れているにも関わらず全く使われている気配がありません。車いすなども倉庫に山ほど置いており、無駄になっています。年月が経つと入居者の介護度も変わるので仕方ないですが、もったいないと感じます。

 

 

③金銭関係にまつわる悩み

  • 光熱費の高騰が申告

これは介護施設に限った話しではありませんが、ガス代や電気代の高騰が深刻です。入居者さんの利用料金には転嫁できないので、施設の負担が増えています。

 

  • 将来的な修繕への積み立てが心配

介護施設は儲かりません。毎年の経営がやっとなので、将来的な積み立てが心配です。また、コロナなどの影響で物品の価格が高騰しており、消耗品などの価格高騰が深刻になっています。

さらに、協力病院や回診医へのコストが高いのも課題です。回診医師に払うコストが馬鹿になりません。

 

 

 

④情報関係にまつわる悩み

  • 介護報酬改定の情報が複雑

定期的に介護報酬改定が行われますが、「どこを見れば一目でわかる」という場所がなく、様々な情報を調べながら報酬改定に対応するのが非常に難しいです。

介護施設で利用できる補助金情報などを調べたがまとまって書いてある場所が見当たらないので、助成金情報などがあるとありがたいですね。

 

  • LIFEへの対応

実は、まだLIFEに対応ができていません。どのようにすれば簡単にできるのかを知りたいです。そもそも、介護施設はあまり外部と関わることがなく、情報が入ってこない性質があります。最新の情報などがなかなか入ってこないと感じています。(経理や社会保険に対する最新の情報など)

 

  • 感染症対策にどのように取り組むか

感染症対策の情報は日々変わっていきます。インターネットなどを利用して情報収集を行っていますが、何が正しい情報なのかどれが最新の情報なのかを評価するのが難しいです。

 

 

ハビリスジャパンの活動内容をご紹介

ハビリスジャパン

ハビリスジャパンホームページより引用>

ハビリスジャパンは2016年に誕生した、手足に障がいなどのある子どもたちをサポートする団体です。現在理事長である藤原清香医師の思いに賛同した医師やセラピスト、義肢装具士の方々が中心となって活動しています。

藤原清香医師は、2012年から約1年間小児義肢が普及しているカナダ・トロント市で小児用義肢の臨床を学びました。その頃の日本は、義肢の普及が不十分でした。

藤原清香医師は日本でも義肢の普及を図ろうと決意します。カナダの義肢をサポートしている民間団体にアイディアをもらい、ハビリスジャパンの前団体を設立します。手足に障がいなどの特徴がある子どもの社会参加を実現することがハビリスジャパンの願いです。

ハビリスジャパンの活動内容

ハビリスジャパンホームページより引用>

ハビリスジャパンの活動は医療機関や関係諸団体と協力しながら、子ども達の成長を支え、チャレンジしたいという思いに寄り添うような内容です。

内容は、大きく以下の4つの事業に分けられます。

  • イベント
  • 義肢貸与
  • 教育・啓発
  • 開発・調査

それぞれの事業を通じて、障害のある子どもの成長を支えています。

ハビリスジャパンが開催するイベント

ハビリスジャパンでは、定期的に手足に障害のある子どもに向けて運動教室や料理教室などを開催してきました。子ども達はイベントで色々な種類の義肢をつけます。義肢を使用することで、子どもも自分の可能性を感じることが可能です。

イベントは安全面を考慮して行われ、義肢に詳しい医師や療法士などとも協力して開催されます。

過去には、元プロ野球選手によるキャッチボール教室が開催されました。イベントは地方やオンラインでも開催されるものもあります。イベントに興味のある方は注意事項や予約が必要か確認のうえ、参加してみてください。

ハビリスジャパンの義肢貸与サポートや教育・啓発

ハビリスジャパンでは、義肢のレンタルも行っています。義肢は活動毎に適した形がありますが、日本では気軽に利用できないのが現状です。

ハビリスジャパンのレンタル事業は、個人では入手が難しい義肢も取り扱っています。義肢が必要な子どもに貸与することで、子どもの成長したいという思いにこたえてきました。

また積極的に情報を発信し、義肢を必要とする子ども達を知ってもらおうとしています。メディアに出演したり、講演会に参加したりという活動を行ってきました。

ハビリスジャパンの開発・調査研究

ハビリスジャパンでは、国産の義肢開発や調査事業にも力を入れています。義肢は海外産が多く、高額でほしいときに手に入らないという日本の子どもは少なくありません。

ハビリスジャパンは子どもが欲しいときに必要な義肢が手に入るように事業に力を入れています。開発や研究事業は第8回「Medtecイノベーション大賞」(MedtecJapan2018)にも輝きました。

ハビリスジャパンの活動に共感した方は、寄付を行ったり、イベントにボランティアとして参加したりすることも可能です。Softbankスマホを使った「つながる募金」では100円から募金もでき、無理のない範囲でサポートしたい方にもおすすめです。

まとめ

日本では、子ども用の義肢が十分行き届いているとはいえません。ハビリスジャパンの活動は、日本での子ども用義肢の普及をサポートしているといえるでしょう。

イベントも定期的に開催されていて、子ども達の成長のサポートになっているといえます。ハビリスジャパンの開発・調査研究が進み、日本でさらに義肢が身近な存在になることを願ってやみません。