【眼科向け】網膜電位図検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?

【眼科向け】網膜電位図検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?

今回は、【眼科向け】網膜電位図検査機器のおすすめメーカーと価格相場をご紹介します。

【現役】医療機器の営業マン
【現役】医療機器の営業マン
こんにちは、眼科クリニックで使用される網膜電位図検査機器の価格と評判をご紹介します。開業される方や買換えを検討されている方のご参考になれば幸いです。

 

 

【眼科向け】網膜電位図検査機器のおすすめメーカーと価格とは?

1)トーメーコーポレーション【LE-4000】

【引用】株式会社トーメーコーポレーション ホームページ

長所
  • オプション追加をすることであらゆる検査に対応することができます。
  • 病院での採用も多く、網膜電位図検査装置のスタンダード的存在です。
短所
  • 角膜に電極を取り付けるなど、検査の準備に手間がかかります。
  • 置き型のためスペースを要します。
参考価格 約4,000,000円~

 

 

2)トーメーコーポレーション【HE-2000】

【引用】こうむら眼科 ホームページ

長所
  • 小型でバッテリー駆動の為、設置場所を選びません。
  • 一度に両眼の検査が可能です。
  • 両眼検査が可能なことから、電極の電極の張替えなどの手間がありません。
  • 基本的な検査は対応でき、価格も安価です。
短所
  • 発売して間もない器械の為、まだ実績が少ないです。
参考価格 約3,000,000円~

 

 

3)メイヨー【ReTival】

【引用】有限会社メイヨー ホームページ

長所
  • 網膜電位図の分野を研究している会社の製品であり、メーカー担当者が網膜電位図の分野に精通しており安心感があります。
  • 本体が非常にコンパクトなため置き場所を選びません。
  • 無散瞳での検査も可能です。
  • 機種にもよりますがコンパクトながらあらゆる検査項目に対応することが出来ます。
短所
  • 特にありません。
参考価格 約5,000,000円~

 

 

【眼科向け】網膜電位図検査機器の選び方とは?

  • 検査したい項目を明示した上で、デモンストレーションをしてから選定されるのが良いかと思います。

宜しければ、【眼科向け】検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?も参考にしてください。