【眼科向け】視力検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?

【眼科向け】視力検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?

2022年3月11日

今回は、【眼科向け】視力検査機器のおすすめメーカーと価格相場をご紹介します。

【現役】医療機器の営業マン
【現役】医療機器の営業マン
こんにちは、眼科クリニックで使用される視力検査機器の価格と評判をご紹介します。開業される方や買換えを検討されている方のご参考になれば幸いです。

 

 

【眼科向け】視力検査機器のおすすめメーカーと価格とは?

1)ニデック【SC-1600】

【引用】株式会社ニデック ホームページ

長所
  • 非常にコンパクトでスペースの少ない眼科様でも圧迫感がありません。
  • 壁への貼り付け・専用台・卓上など設置方法を選ぶことが出来ます。
  • 必要十分な機能を備えながら安価です。
  • 3m・5mの検査距離で使用ができます。
  • 最近リモコンの形状が変更されて使いやすくなりました。
短所
  • 従来の視力表とは表示が少し違うので、慣れるまで少し時間がかかります。
  • 以前はランプが光る構造でしたが、液晶になったため不具合の発生時に現場で復旧できない機会が多いです。
  • リモコンの置き場に困ることが稀にあります。
参考価格 約1,500,000円~

 

 

2)ニデック【SSC-370】

【引用】株式会社ニデック ホームページ

長所
  • 約1mで換算値5mの視力検査が出来ます。
  • 専用テーブルは検眼レンズを収納できてコンパクトです。
  • 専用のテーブルは約1mの検査距離をちょうど確保できる構造になっており、距離の測定などの面倒が少ないです。
  • リモコンの形状が変更されて使いやすくなりました。
  • 眼科施設で場所を取りがちな視力表の問題を解決できます。
短所
  • 従来の視力表とは表示が少し違うので、検査に慣れるまで少し時間がかかります。
  • 以前はランプが光るだけの構造が多かったのですが、液晶になったため不具合の発生時は現場ではどうしようもないことが多いです。
参考価格 約2,000,000円~

 

 

3)トーメーコーポレーション【CV-7000】

【引用】くさば眼科クリニック ホームページ

長所
  • 従来の視力表に非常に近い表示が出来ます。
  • リモコン上のシートを変更することで様々な機能を使うことが出来ます。
  • 3m・5mどちらでも使用することが出来ます。
  • リモコンの位置が固定されていていつも同じ位置で操作できます。
短所
  • 以前はランプが光るだけの構造が多かったのですが、液晶になったため不具合の発生時は現場ではどうしようもないことが多いです。
  • 専用台に設置されるリモコンが眼科施設内で中途半端な位置に置く場合が多く邪魔になります。
  • サイズ感があるので圧迫感が出ます。
参考価格 約1,700,000円~

 

 

4)タカギセイコー【VC-60】

【引用】株式会社タカギセイコー ホームページ

長所
  • 従来の視力表に非常に近い表示が出来ます。
  • リモコン上のシートを変更することで様々な機能を使うことが出来ます。
  • 3m・5mどちらでも使用することが出来ます。
  • リモコンの位置が固定されていていつも同じ位置で操作できます。
短所
  • 以前はランプが光るだけの構造が多かったのですが、液晶になったため不具合の発生時は現場ではどうしようもないことが多いです。
  • 専用台に設置されるリモコンが眼科施設内で中途半端な位置に置く場合が多く邪魔になります。
  • サイズ感があるので圧迫感がでます。
参考価格 約1,700,000円~

 

 

【眼科向け】視力検査機器の選び方とは?

  • SSC-370以外は特に性能に変化がないのでご施設の設置場所を考慮して選ぶのが良いです。
  • 従来の視力表から買い替える場合には極力表示の変わらないものを検討される場合が多いです。
  • トーメーコーポレーションタカギセイコーの商品は中身が同じなので、あまり迷わずにご選択されると良いです。

宜しければ、【眼科向け】検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?も参考にしてください。