【眼科向け】コントラスト感度検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?

【眼科向け】コントラスト感度検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?

今回は、【眼科向け】コントラスト感度検査機器のおすすめメーカーと価格相場をご紹介します。

【現役】医療機器の営業マン
【現役】医療機器の営業マン
こんにちは、眼科クリニックで使用されるコントラスト感度検査機器の価格と評判をご紹介します。開業される方や買換えを検討されている方のご参考になれば幸いです。

 

 

【眼科向け】コントラスト感度検査機器のおすすめメーカーと価格とは?

1)タカギセイコー【CGT-2000】

【引用】タカギセイコー株式会社 ホームページ

長所
  • 覗き込む形で検査するためスペースを取りません。
  • 検査環境を器械側で調整することが出来ます。
短所
  • 特にありません。
参考価格 約4,000,000円~

 

 

2)ベクタージジョン【CSV-1000】

【引用】株式会社ニコンソリューションズ ホームページ

長所
  • 他社製品に比べて価格が安価です。
  • コントラスト感度検査装置として世界的に実績があります。
短所
  • 視力表と同様、器械と患者の距離を取って検査をするのでスペースが必要です。
  • 完全な明室では検査が出来ません。
参考価格 約3,000,000円~

 

 

3)クリュートメディカルシステムズ【アイモvifa】

【引用】株式会社クリュートメディカルシステムズ ホームページ

長所
  • 基本的には静的視野検査装置です。
  • 静的視野検査装置と一体型の装置なのでスペースを取りません。
  • 覗き込む形で検査するためスペースを取りません。
  • 検査環境を器械側で調整することが出来ます。
  • AULCSFが器械的に出力できます。
短所
  • 基本的には静的視野検査装置なのでコントラスト感度検査装置として購入する場合には価格が高額です。
参考価格 約9,000,000円~

 

 

【眼科向け】コントラスト感度検査機器の選び方とは?

  • 検査を行うだけであれば、2のCSV-1000や3のアイモvifaで静的視野検査装置との一体型はコストパフォーマンスがよさそうです。
  • 定量化した判断が必要な場合には器械ごとにdeg値の表示方法が違うのでメーカーにご確認の上、用途に合ったものを購入されるのがおすすめです。

宜しければ、【眼科向け】検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?も参考にしてください。