【眼科向け】眼軸長検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?

今回は、【眼科向け】眼軸長検査機器のおすすめメーカーと価格相場をご紹介します。

【現役】医療機器の営業マン
【現役】医療機器の営業マン
こんにちは、眼科クリニックで使用される眼軸長検査機器の価格と評判をご紹介します。開業される方や買換えを検討されている方のご参考になれば幸いです。

 

 

【眼科向け】眼軸長検査機器のおすすめメーカーと価格とは?

1)日本アルコン【ARGOS】

【引用】santec株式会社 ホームページ

長所
  • SS-OCTの技術を採用しており、白内障が進んだ眼でも検査することが出来ます。
  • 同社のVERIONと連携して使用することで、時間、手間、スペースの効率が良くなります。
短所
  • 左右の眼を検査する際に、患者さんが顎を乗せ換える必要があるため検査に慣れが必要です。
参考価格 約9,000,000円~

 

 

2)カールツアイスメディテック【IOLMaster700】

【引用】カールツアイスメディテック株式会社 ホームページ

長所
  • SS-OCTの技術を採用しており、白内障が進んだ眼でも検査することが出来ます。
  • SS-OCTの技術を用いた眼軸長検査のパイオニアメーカーの商品の為安心感があります。
  • Barrett TK UniversalⅡ式を使用することが出来ます。
  • CentralTopoglaphyの機能が使用できます。
短所
  • 特になし
参考価格 約8,000,000円~

 

 

3)トーメーコーポレーション【OA-2000】

【引用】株式会社トーメーコーポレーション ホームページ

長所
  • SS-OCTの技術を採用しており、白内障が進んだ眼でも検査することが出来ます。
  • Barrett TK UniversalⅡ式を使用することが出来ます。
  • 角膜中心5.5mmのトポグラフィー検査をすることが出来ます。
  • フーリエドメイン方式の採用により水晶体が混濁していても検査がしやすすくなっています。
  • 価格が安いです。
短所
  • 特になし
参考価格 約5,000,000円~

 

 

【眼科向け】眼軸長検査機器の選び方とは?

  • 水晶体再建術の際、術後の見え方を左右する重要な検査項目を担う器械の為、術者の信頼できる器械を選ぶ必要があります。
  • 器械毎に検査結果の出方に若干の違いがあるので使用したことのある器械やお試しの使用をしてからの購入が良いと思います。

 

宜しければ、【眼科向け】検査機器のおすすめメーカーと価格相場は?も参考にしてください。

 

 

眼科向け医療機器カテゴリーの記事