【ボランテエコ/オージー技研の浴槽】価格や評判とは?

【ボランテエコ/オージー技研の浴槽】価格や評判とは?

2022年1月10日

今回は、「ボランテエコ/オージー技研の浴槽価格や評判とは?」をご紹介します。

福祉用具のプロ
福祉用具のプロ
こんにちは、私は福祉用具専門相談員として営業をしております。オージー技研のボランテエコは要介護1~2の利用者さんに向いています。

ボランテエコをおすすめしたい施設は「特養」「老健」「サ付」「有料」「小規模」「デイ」です。

 

 

【ボランテエコ/オージー技研の浴槽】価格や評判とは?

【引用】:オージー技研株式会社 ホームページ

施設 特養・老健・サ付・有料・小規模・デイ
長所
  • 移乗がしやすい昇降式ドアを採用。浴槽前面の電動ドアが昇降するので、浴槽のふちをまたぐ動作が不要で、利用者さんは安全に浴槽に進入できます
  • 直接またはシャワーチェアーを利用すれば、利用者さんは椅子に腰掛ける感覚でスムーズに入浴ができます。
  • 1人あたりの実使用湯量が約170Lと家庭用の浴槽より100Lも節約できるので、施設のランニングコストを大幅に削減できます。
短所
  • 膝関節の拘縮がある方は、入浴ができない場合がある。
  • 利用者の足を上げる介助作業が必要。
  • お湯が抜けるまで扉が開かない(利用者が出れない)。
  • タンク⇔浴槽とお湯の移動時間がかかる(約1分)。
  • ろ過フィルターの交換が必要。
定価
  • ボランテ・エコ(循環式)5,000,000円(税抜)
  • ボランテ(新湯式)   3,800,000円(税抜)

 

 

【ボランテエコ/オージー技研の浴槽】の口コミとは?

【総合満足度】★★★★☆

メリットは椅子からの移乗動作練習になるので、出来るだけ残存機能を使うことを利用者に意識してもらえる点。デメリットは浴槽の片側が自動でゆっくり上下するようになっているので、掃除をする際に上げ下げの手間が少しかかる点。

【総合満足度】★★★★☆

浴槽の一面が上下する仕組みになっているので、車椅子からベッドに移るときのような感じで、浴槽に移動でき、介助の負担が少なく済む。浴槽に移動してから給湯に入るが、1分ちょっとで貯まるため、その間タオルを肩から掛けておくなどすれば、寒い思いをしながらお湯がたまるのを待つ必要がないのでお互いに安心できる。毎回綺麗なお湯に浸かれるところも喜んでもらえる。

 

 

福祉用具のプロ
福祉用具のプロ
ボランテエコ/オージー技研以外の個浴浴槽には、どのような製品があるのかご紹介します。
メーカー 製品 定価
アマノ アビット
【口コミ1件】
  • 新湯タイプ 2,750,000円
  • ろ過タイプ 3,980,000円
酒井医療 パンジーi
  • シンプルセット 1,300,000円〜
  • パーソナルセット 1,790,000円〜
  • スタンダードセット 1,990,000円〜
メトス 個粋
  • 個粋(コンパクト&プラス)バスタブ 800,000円
  • 個粋(ジュニア)バスタブ 1,070,000円      +
  • 昇降装置+個粋チェアー 3,300,000円