株式会社イノアックリビングの「すみれ」をご紹介

掃除用スポンジから家具用品まで、今や様々なものに用いられているウレタン素材。柔らかな感触と加工のしやすさから、医療用ベッドのマットレスや車いす用クッションなど、医療・介護業界においてもなくてはならない素材です。

ウレタン素材の生産業を通して培った技術を活かし、インテリア家具などを取り扱う株式会社イノアックリビング、そして福祉用具プライベートブランド「すみれ」についてご紹介します。

株式会社イノアックリビング

株式会社イノアックリビングホームページより引用>

株式会社イノアックリビングはウレタンフォーム素材を日本で初めて手掛けた株式会社イノアックコーポレーションのグループ企業です。

イノアックコーポレーションは1926年に創業した井上護謨製造所から始まり、100年を越える歴史があります。創業から取り扱っていたゴム製品の他、ウレタン・プラスチック・複合素材を取り扱い、1954年には日本で初めてウレタンフォーム素材の生産を開始しました。

その後も建築資材・自動車内装・配管カバーなど幅広い事業展開を行う中で、拡大していくリビング・生活用品の総合会社である株式会社イノアックリビングが1994年に誕生しました。

カラーフォーム

株式会社イノアックリビングホームページより引用>

株式会社イノアックリビングが手掛けるプライベートブランドは福祉用具の「すみれ」の他にもあり、カラーフォームは寝具専門のブランドです。厚みや機能によって分類されたマットレスと低反発まくらがラインナップ。

代表商品であるファセットマットレスは、寝心地について立命館大学と共同研究にて開発された独自商品。六角形加工構造によりスムーズな寝返りをサポートし、快適な睡眠へ誘います。

atease(アティーズ)

株式会社イノアックリビングホームページより引用>

株式会社イノアックリビングの家具ブランド「atease(アティーズ)」は国産にこだわり、日本の住宅に合わせたコンパクトな設計の家具が揃っています。

ソファや座椅子、背もたれクッションなど「座る」を中心とした商品がラインナップ。カラーバリエーションも商品により3種類から5種類と、インテリアの雰囲気に合わせて選ぶことができます。

プライベートブランド「すみれ」

すみれホームページより引用>

医療介護に適した商品を展開する「すみれ」。ベッドのマットレスなどはカラーフォームでも取り扱っていますが、すみれで取り扱っているリバーシブルPROマットレスは床ずれ予防、機能性ベッドに対応する可変性を持ち介護に適した設計となっています。また使用されているマットレスカバーは、防水でありながら湿気を通しムレを防ぐ仕様となっており、介護する側にも介護される側にも優しい作り込みです。

すみれには他にも

  • 車いす用クッション「Swimo(スイモ)」
  • ポジショニングパッド
  • 衝撃吸収マット

などの商品がラインナップしており、医療・介護・福祉において切っても切れない「床ずれ」そして「転倒による受傷」の予防を担う優れものが揃っています。

長年の素材研究から生み出されたクッション機能が、快適性に安全性もプラスされた商品たちが「すみれ」の持ち味です。

クッションのプロが創る安全性

今回はクッション素材メーカー・株式会社イノアックリビングが手掛ける福祉用具ブランド「すみれ」についてご紹介しました。挑戦を続け研究を重ねる企業だからこそ、医療・介護業界で求められるニーズに対応できる高い機能を備えた商品を創り出すことができたのではないでしょうか。

取り扱っているウレタンフォームのように、柔軟で高い対応力を持つ株式会社イノアックリビング。これからも成長を続ける企業として目が離せません。

アロン化成株式会社の介護事業をご紹介

アロン化成株式会社

アロン化成株式会社ホームページより引用>

アロン化成株式会社は、昭和48年1月1日に東亜樹脂工業株式会社と株式会社寺岡製作所が合併して誕生しました。硬質塩化ビニル管の製造を日本で初めて行った会社として知られています。

社名のアロンは、親会社である東亞合成株式会社の合成樹脂製品の統一商標にちなんで付けられました。東亞合成株式会社の創業時の社名にちなんだ矢を英語読みし、ナイロンやテフロンなどでお馴染みのロンを組み合わせて名付けられています。

アロン化成株式会社は、プラスチックの総合加工メーカーとして社会の需要に応え続けてきました。近年ではプラスチック技術を活かして、管材や建材からライフサポート事業まで幅広く展開しています。化学事業を通じて人々に幸せを届けることがアロン化成株式会社の願いです。

アロン化成株式会社の介護事業とは

アロン化成株式会社ホームページより引用>

アロン化成株式会社の介護事業は、プラスチック技術を活かして快適な生活環境を支える商品を展開しています。アロン化成株式会社は入浴や排せつに関する商品のみならず、介護を受けている人と家族をサポートする総合提案メーカーへと進化を続けてきました。

介護関連の商品ブランド名である安寿には、介護を受ける人の挑戦を可能にしたいという強い思いが込められています。

アロン化成株式会社の介護事業の特徴

アロン化成株式会社の介護事業では、主に以下の分野の商品を多く取り扱っています。

  • 排泄介護用品
  • 入浴介護用品
  • 住宅関連用品(レンタル・住宅改修)
  • 移動・歩行用品
  • 介護予防用品
  • 食品
  • 生活支援用品

アロン化成株式会社の介護用品の中には、介護保険が適用されるものもあります。少ない自己負担で介護用品を利用できるので、初めて介護する人も利用しやすいことが特徴的です。

アロン化成株式会社の介護事業商品の一例

アロン化成株式会社の介護事業では数多くの商品を取り扱っています。一例をご紹介すると

  • 温浴シャワーイス HP‥ャワーベンチに座ると温浴シャワーが浴びられる
  • ポータブルトイレ ジャスピタ‥ドルフィンカットで尿こぼれを防止できるポータブルトイレ
  • イコットエアM‥最軽量クラスの4.1kgである歩行車
  • 巡優 LKM512®‥ビフィズス菌LKM512で体内から健康に
  • ユニットバス対応浴槽手すり UST-130UB‥洗い場を広く取れる手すり

アロン化成株式会社の介護事業商品は、介護用品専門店の取り扱い店、百貨店、ホームセンターなどで販売されています。部品販売や修理対応もしているので、販売店に足を運ぶといいでしょう。

介護事業商品に掛ける開発者の想い

アロン化成株式会社の介護事業には、数多くの開発者が携わっています。売れ筋の商品であっても、常に新しいアイディアを取り入れようとしています。例えばポータブルトイレ ジャスピタは1972年に発売された主力商品でしたが、祖父がパーキンソン病という社員の思いから大きなリニューアルをされました。

その結果ジャスピタが誕生し、尿漏れで困っている人をサポートする力が強化されました。アロン化成株式会社の介護事業は、安全かつより利便性の高い商品を目指して常に努力を続けています。

アロン化成株式会社の介護事業は、今後も介護する人が前向きになる商品を提供しつづけてくれるでしょう。

まとめ

アロン化成株式会社には、魅力的な介護用品が数多くあります。プラスチックの総合加工メーカーということもあり、製品づくりにこだわりが感じられます。ベストセラーの商品であっても、改良を続けるところに魅力が感じられるでしょう。

高い技術力とさらなる高みを目指すアロン化成株式会社は、非常に魅力的な会社です。

NPO法人 リハビリテーション医療推進機構CRASEEDをご紹介

医療、介護双方に共通するキーワードのひとつに「リハビリテーション」があります。リハビリテーションには段階によって様々なアプローチがあり、主に医療分野で提供される急性期や回復期リハビリテーションの他、介護分野で提供されるなは普段の暮らしの中でできることを増やす生活リハビリです。

今回は、リハビリテーションの中でも医療分野におけるリハビリテーションについて広く啓蒙するCRASEEDを紹介します。

CRASEEDとは

CRASEEDホームページより引用>

CRASEEDとは、大阪府豊中市にある関西リハビリテーション病院内に設立された「NPO法人リハビリテーション医療推進機構」の名称です。代表は兵庫医科大学リハビリテーションセンター長の道免和久主任教授。

CRASEEDはNPO法人として、リハビリ従事者と市民の議論、セミナーやリハビリ関連情報の発信を通してリハビリ医療の普及を図っています。

CRASEEDの目的

介護保険制度が施行され、リハビリの名称は広く用いられるようになりました。一般的な認識が進む中で、本来の意味と離れたマッサージやレクリエーション等も、リハビリテーションとして説明されることもあります。

リハビリテーションの質を維持向上させるため、CRASEEDが重要と考えるのはでは医療リハビリテーション。そのためにも医療界におけるリハビリテーションの正しい認識が必要であり、CRASEEDは普及啓発活動を進めています。

医療リハビリテーションの現状

医療におけるリハビリテーションの現状はまだ発展途上であり、専門医の育成や研究が進んでいない状況です。厚生労働省による調査(令和2(2020)年医師・歯科医師・薬剤師統計の概況)による医師数は339,623名に対し、日本リハビリテーション医学会によるリハビリテーション科専門医は2,735名と、全体の1%にも満たない数字となっています。

専門家を招いた実践的なセミナーの開催

CRASEEDでは、医療職のスキルアップやブラッシュアップを目的としたセミナーを開催しています。道免教授が伝授する脳卒中リハビリテーションのアプローチ方法をはじめ、脳卒中や呼吸器リハビリテーションや装具の評価方法、リハビリ評価として広く用いられている評価尺度FIMについてなど様々な角度から捉えた医療リハビリテーションを学ぶことができます。

セミナーは主に兵庫医科大学内で行われていますが、感染症予防対策のため2022年度開催分各種セミナーはすべてオンラインでの開催です。CRASEEDは一般社団法人日本作業療法士協会においてSIG施設に認定されており、セミナーは同協会における生涯教育制度基礎ポイント対象となっています。

リハビリに特化した広報誌「CRASEED NEWS」

おおよそ4カ月ごとに刊行されるCRASEEDの広報誌「CRASEED NEWS」は、設立翌年の2006年に第1回が刊行され、2022年で記念すべき第50回が刊行予定です。CRASEEDのセミナー開催状況や関連する学会や専門医の声、コラムでの症例検討など、欲しい情報がぎゅっと詰まった内容となっています。

CRASEEDが開催するセミナーで配布される他、ホームページ上でバックナンバーの一部を閲覧することができます。

まとめ

今回は医療リハビリテーションの質の向上を目的としたNPO法人「CRASEED」を紹介しました。地域包括ケアシステムが推進される中、医療報酬改定により入院期間はより短く、しかしながらより効果的なリハビリテーションが求められています。

CRASEEDが設立当初から訴えてきた提言に、遅れながらも時代が追従してきました。今後訪れる超高齢社会に向け、CRASEEDの活動がさらに注目されることでしょう。

株式会社トータルブレインケアの「CogEvo」をご紹介

株式会社トータルブレインケアについて

株式会社トータルブレインケアホームページより引用>

株式会社トータルブレインケアは、2015年11月に設立された認知機能に関連するプログラムの提供などを行う会社です。2015年には、内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)
「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」「HealthcareBrainチャレンジ」入選もしています。

株式会社トータルブレインケアは社会問題化している高齢者の認知症に注目しました。産官学の取り組みにも積極的に参加し、エビデンスの構築にも寄与しています。事業を通じて単に認知症の進行を遅らせるだけでなく、積極的に改善することが株式会社トータルブレインケアの願いです。

「CogEvo」とは

CogEvoホームページより引用>

CogEvoとは、パソコンやタブレット端末などを使い気軽に認知機能別トレーニングができるクラウドサービスです。CogEvoを使うことで、認知機能の変化を早期に発見できます。自分の認知機能の特性を掴み、楽しくトレーニングすることが可能です。

監修は高次脳機能の専門家が担当していて、科学的根拠もあります。

CogEvoの特徴

CogEvoは、ソフトをダウンロードする手間がありません。パソコンやタブレットがあれば、すぐに始められます。デバイスの扱いに不慣れな高齢者でも扱いやすいサービスです。また実際のタスクの説明も音声や文章で分かりやすく説明があります。

負担なく楽しく利用できるので、認知機能のトレーニングを自分からしようという気持ちを後押ししてくれます。トレーニングの後にはフィードバック情報も通知され、認知機能の状態が確認しやすい仕組みです。

単に結果が掲載されるのではなく、級やメダル、コメントなどモチベーションの上がる情報も表示されます。

CogEvoの3つのシリーズ

CogEvoには、大きく3つの種類があります。

  • CogEvo Pro
  • CogEvo Personal
  • CogEvo Ri

CogEvo Proは、法人向けシリーズです。主に病院や企業、団体で利用されています。CogEvo Personalは個人向けです。インターネット環境があれば、誰でも簡単に利用できます。月額利用料は税込み1,650円です。通常1年間19,800円ですが、割引プランが用意されていることもあります。

CogEvo Personalはタブレットやスマホで自分の好きな場所で利用できるというメリットがあります。また決められた時間に行わないという決まりはないので、24時間好きな時に認知機能のトレーニングができます。

CogEvo Riは、認知機能の測定に特化しているサービスです。2018年から健康データの計測に役立てられきました。

CogEvoの導入事例

CogEvoは、実際に様々な施設で導入されています。個人以外の主な導入先は、以下の通りです。

  • 大学・研究所
  • 医療機関
  • 自治体
  • 調剤薬局
  • 介護施設
  • 企業

調剤薬局では高齢者だけでなく、地域の健康を高める目的でも利用されてきました。クリニックでは認知症の説明のためにCogEvoが使われています。今後さらにCogEvoを導入する団体や企業も増え、新たな使い方がされることに期待が高まっています。

まとめ

株式会社トータルブレインケアのCogEvoは、認知機能の研究や改善に役立てられています。最近物忘れを感じて不安という方も、CogEvoを活用すると認知機能のチェックとトレーニングが手軽に行えるでしょう。

株式会社トータルブレインケアのCogEvoは、認知症で悩む人に寄り添ってくれる心強い味方といえます。

介護ロボットポータルサイトの見守り・コミュニケーションをご紹介

介護ロボットポータルサイト

介護ロボットポータルサイトホームページより引用>

介護ロボットポータルサイトは、介護用ロボットを世の中に広め、普及させたいという思いから制作されました。令和3年から経済産業省や国立研究開発法人日本医療研究開発機構が始めた「医療機器等における先進的研究開発・開発体制強靭化事業(ロボット介護機器開発等推進事業)」のサポートと広報の役割も果たしています。

前身事業には、「ロボット介護機器開発・導入促進事」、「ロボット介護機器開発・標準化事業」もありました。提供されている情報は、国や自治体、企業など様々な視点によるものです。介護を受ける人の自立支援や介護する人の負担を減らすというテーマの解決が、介護ロボットポータルサイトの願いです。

見守り・コミュニケーションとは

介護ロボットポータルサイトホームページより引用>

見守り・コミュニケーションとは、介護ロボットポータルサイトが開発機器の中でも重点分野の一つに挙げている分野です。介護ロボットポータルサイト内では、各メーカーの開発や製品化をしている様子が紹介されています。

重点分野の定義もまとめられていて、介護ロボットに対する理解が深まります。

介護施設見守りの特徴

介護施設型見守り支援機器とは、介護施設内でセンサーや外部通信機能を使って見守りを行う機器やプラットフォームのことです。具体的には、以下のように定義されています。

  • 一人だけでなく二人以上を同じタイミングで見守ることができる
  • 問題が起こった時に同時に2人以上の介護従事者に情報を伝える
  • 時間関係なく利用できる
  • 要介護者が想定外の行動をとった時に介護従事者に伝える
  • 要介護者のボタンを押すや声を出す様子だけ以上の情報を引き出す
  • 機能の拡張やソフトウェアと接続ができる

開発中の商品も多く、今後の展開が期待されています。

在宅介護見守りとは

在宅介護見守りは、在宅介護のサポートになるロボット機器のプラットフォームのことです。特に力を入れて開発されているポイントは、以下の通りです。

  • 部屋は一部屋だけでなく二部屋以上見守られる
  • お風呂でも見守りできる
  • 暗い中でも利用できる
  • 介護される人は持ち歩いたり、身に付けたりする必要はない
  • 介護者の自発的な動き以上の情報を求める
  • 介護者が怪我や体調不良になった場合は情報共有できる
  • 他の機器やソフトウェアと接続ができる

開発中の事例として、以下のような事例が紹介されています。

  • (株)ソルクシーズ…見守り支援システム「いまイルモHI」
  • 株式会社エイビス…在宅介護みまもり支援システム
  • 株式会社ネットワーク21…独居高齢者の見守り・転倒検知システム

在宅介護見守り分野の発展は、自宅で過ごしたいと考えている高齢者の強い味方になるでしょう。

コミュニケーションについて

コミュニケーションとは、介護される方のコミュニケーションにロボットを利用するという取り組みです。開発例としては、以下のような点があります。

  • (株)レイトロン…介護向けコミュニケーションロボットChapitの開発
  • ソフトバンクロボティクス(株)…Pepperと高齢者と個人特性型の個別会話機能の補助事業実施

高齢者や介護を受ける人の日常生活全般が支援対象になる分野なので、活動を促す効果が期待できるでしょう。

まとめ

介護ロボットの発展は、高齢化社会で課題の多い日本の介護を支える存在です。介護ロボットポータルサイトの見守り・コミュニケーションでは定義が分かりやすく紹介されています。

介護施設や在宅介護で限界を感じている場合の心強いサポートになるでしょう。介護ロボットポータルサイトは、介護ロボットに興味を持つきっかけとなる魅力的な事業といえます。

アクサ生命保険株式会社の「アクサの脳トレ」をご紹介

平均寿命がどんどんと延びる中、これまで現れてこなかった疾患や症状に悩まされる方も増えています。その中でも大きな問題となっている疾患のひとつが認知症です。

認知症は誰しも発症する可能性があり、内閣府調べでは2025年には65歳以上の6人に1人が認知症を患っていると予想されています(平成29年版 高齢者社会白書より)。

今回はアクサ生命保険株式会社が提供する脳のトレーニングプログラム「アクサの脳トレ」を紹介します。

アクサ生命保険株式会社

アクサ生命保険株式会社ホームページより引用>

アクサ生命保険株式会社は、フランスに本社を置くアクサグループの日本法人に属する子会社です。現在では、アクサダイレクト生命保険株式会社、アクサ損害保険会社とともにアクサの中核を担う各種保険の運用を行なっています。

アクサの脳トレ

アクサ生命保険株式会社ホームページより引用>

アクサ生命保険株式会社が手掛ける「アクサの脳トレ」は、スマートフォンで簡単に実施できる脳のトレーニングメニューです。利用方法はとても簡単で、アクサ生命保険のLINE公式アカウントを友だち登録するだけ。トーク画面下部に出てくるメニューをタップすることで、誰でも無料で利用することができます。

アクサの脳トレについて、特徴や内容などをより深くご紹介していきます。

脳トレで有名な川島隆太博士監修

アクサの脳トレの開発について監修を行ったのは、家庭用ゲームで一躍有名となった「脳トレ」を監修した川島隆太博士。加齢医学研究所所長である川島博士による脳トレメニューは、簡単に取り組める内容ながらも記憶力や集中力を高める本格的なものとなっています。

毎日5分から10分行うだけで衰えた脳の機能にはたらきかけ、継続することで機能の向上が見込めるものとなっています。

脳トレゲームや脳年齢チェック

メニューは6つに分かれており、それぞれ

  • 集中力
  • 頭の回転
  • 注意力
  • 予測力
  • 抑制力
  • 記憶力

に分かれています。指定されたひらがなをタッチするテストやタイミングよくタップするテストなど、単純で飽きの来ないテスト内容です。

脳年齢チェックは1カ月に1回行うことができ、簡単な計算を時間内でどれだけ早く、正確に行えるかで脳年齢を計算します。まずはじめに脳年齢を計っておき、脳トレを行うことで改善しているかどうかを翌月チェックすることで効果を実感することが可能です。

アクサ生命契約者はさらに充実したサービスも

アクサ生命が提供する保険加入者が利用できるインターネットサービス「emma by アクサ」と連携することで、パワーアップした脳トレを利用することができます。

パワーアップ版では6つの脳トレメニューが毎月更新されるため、変化が脳への刺激となり認知機能低下予防に効果的です。また今までの取り組みを図示化した「脳トレスコア」や取り組み状況、目標が見える「脳トレカレンダー」を追加で利用できるため、モチベーション維持につながります。

毎日コツコツ取り組むことが脳にも重要

無料で利用できるお手軽さながらも、内容は加齢医学に基づいた確かなものとなっています。毎日少しずつ継続することで効果も生まれ、楽しみながら認知機能低下を防ぐことができる優れたトレーニングメニューと言えるでしょう。

「アクサの脳トレ」、皆さんもぜひ利用してみてください。

ジョブメドレーの人材マッチングサービスをご紹介

インターネットが普及し、求人情報媒体の中心として活躍しているのがホームページです。求人数自体も近年で増加傾向であり、公益社団法人 全国求人情報協会の調査では直近3年間で2倍近い増加が示されています。

求人情報を扱う会社も増え、各社それぞれが独自のサービスを展開しています。利用する側としては様々なサービスを利用できることは有り難いことですが、反面増加する求人情報サイトを選ぶことに迷ってしまうこともあるでしょう。

今回は数々の比較サイトでも上位にランクインするジョブメドレーについて紹介します。

株式会社メドレー

株式会社メドレーホームページより引用>

ジョブメドレーを運営する株式会社メドレーは、2009年に設立された人材・医療プラットフォーム事業を手掛ける会社です。慢性的な人材不足が社会問題となっている医療・介護業界に特化した人材採用システム「ジョブメドレー」、日本最大級のオンライン診療システムである「CLINICS」を中心としたサービスを展開しています。

「医療ヘルスケアの未来をつくる」をミッションに掲げ、インターネットを中心としたテクノロジーを活用して諸問題の解決に取り組んでいます。

人材マッチングサービス

ジョブメドレーホームページより引用>

株式会社メドレーが手掛ける人材マッチングサービス「ジョブメドレー」は、医療・介護業界に特化した求人情報サイトです。同じカテゴリを取り扱う多くの求人情報サイトの中でも大手のサービスであり、自社調べにて求人件数・利用求職者数No.1という輝かしい実績があります。

多くの支持を集める魅力は何なのか、より詳細なサービスの実態に迫ります。

豊富な求人件数と詳細なデータ

ジョブメドレーが取り扱っている求人件数は350,000件以上。転職サイト大手の公開求人数が50,000件から100,000件であることを考えると、医療介護のカテゴリを中心とした求人情報サイト国内トップレベルと言えるでしょう。

また、それぞれの求人について基本的な情報はもちろん、勤務地や雇用形態での検索が可能。その他にも300を超える「特徴」から絞り込みを行えるため、働き方の希望によって様々な事業所を簡単に探すことができます。

ジョブメドレー独自の勤続支援金制度

ジョブメドレーを介して応募した事業所で採用が決まり、60日以上勤務した方を対象に支給される勤続支援金制度があります。入職日決定後、専用フォームから申請をしておくだけで手続き完了。あとはジョブメドレーから入職先へ確認後、指定口座へ振り込まれます。

継続支援金の金額ですが、職種や雇用形態による年収によって2,000円から100,000円の間となります。求人情報それぞれに対象金額が記載されていますので、応募前後に確認しておくことが良いでしょう。

情報満載のメディアやインタビューも充実

ホームページには求人情報の他、医療介護業界の動向や専門知識をまとめた「なるほど!ジョブメドレー」があります。休日を除きほぼ毎日更新されており、応募したい業種についてより深く学べるコンテンツです。

その他にも利用者目線でのインタビューをまとめた転職体験談や、事業所の特色がたっぷり詰まった事業所インタビューもあり、求人情報には載らない生の情報満載です。

仕事と人をつなぐことで見えるマクロな支援

いかがでしたでしょうか。今回は働きたい方への支援から医療介護業界の社会問題の解決を図る株式会社メドレーの人材マッチングサービス「ジョブメドレー」をご紹介しました。

ただ情報を集約しているだけでなく、継続支援金や特集記事を通してあなたの「働きたい」を応援するプラットフォームです。業界最大級の求人情報が詰まったジョブメドレーだからこそ、こだわりの条件に合う事業所がきっと見つかるはず。

 

【介護施設】業務用洗濯機のおすすめメーカーと価格相場

今回は、【介護施設向け】業務用洗濯機のおすすめメーカーと価格相場をご紹介です。

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
こんにちは、私は福祉用具専門相談員として営業をしております。今回は介護施設向けの業務用洗濯機をご紹介します。開業される方や買換えを検討されている方のご参考になれば幸いです。介護浴槽のお買換えはこちらをご覧ください。

 

 

【介護施設】業務用洗濯機のおすすめメーカーと価格は?

1)TOSEI【SFS-222】

引用:株式会社TOSEI ホームページ

長所
  • ノンストップ運転機能があるので、洗濯物の入れ替えが不要。そのため作業効率の向上に繋がります。
  • 最大負荷量は22㎏まで対応。グレードアップで32㎏まで対応できる製品もあります。
  • 都市ガスの利用が可能です。
  • 助剤が3連まで追加することができます。
  • ドラム回転数は550回転/分~770回転/分です。
短所
  • 業務仕様の為、躯体が大きく、設置には十分なスペース確保が必要です。(幅940mm/奥行1275mm/高さ1725mm)
価格 参考価格:2,530,000円(税別)

 

2)ダイワコーポレーション【GOD272SS】

引用:株式会社ダイワコーポレーション ホームページ

長所
  • 100通りのコースプログラムが設定可能です。
  • 毎分回転数を1回転/分ごとに変更できます。
  • 10段階の洗濯水位の設定が可能です。最適な水量に毎度設定できることで、水道代の節約に繋がります。
  • 高い脱水機能を持っております。乾燥時間の短縮、ガス代の節約に繋がります。
  • 洗濯と乾燥が1台でできます。
  • 8種類の助剤を設定した分量にて自動投入する機能が備わっています。
  • 最大負荷量は27kgです。上位グレードで35kgに対応した機種もあります。
  • 都市ガスの利用が可能です。
短所
  • 細かい設定をするにあたり、操作が複雑な部分があります。
  • 乾燥機能も備わっている為、躯体が大きいです。(幅1025mm/奥行1337mm/高さ1862mm)
価格 メーカーへお問合せください。

 

 

3)AQUA【HWD-7256G】

引用:三洋アクア株式会社 ホームページ

長所
  • 洗濯と乾燥が1台でできます。また全自動で動きます。
  • ワンタッチスタートもでき、操作が簡単です。
  • 奥行がコンパクト設計になっております。(幅1003mm/奥行1184mm/高さ1976mm)
  • 7つのプログラムと乾燥コースを選択できます。
  • 都市ガスの利用が可能です。
短所
  • 業務仕様の為、躯体が大きく、設置には十分なスペース確保が必要です。(幅1003mm/奥行1184mm/高さ1976mm)
価格 参考価格:2,700,000円(税別)

 

4)アイナックス稲本【ラブネットエコECO-22DX】

引用:アイナックス稲本株式会社 ホームページ

長所
  • 簡単操作で高性能な機能です。
  • 抜き物洗いや、多目的な洗いなど幅広く対応できます。
  • 洗濯量に合わせた節水機能が備わっております。
  • 洗濯工程にて8コースのオリジナル工程を設定できます。
  • 80℃で10分以上の衛生洗いに対応(厚労省指針)
  • 最大負荷量22kg
短所
  • 業務仕様の為、躯体が大きく、設置には十分なスペース確保が必要です。(幅1100mm/奥行1275mm/高さ1787mm)
  • 躯体重量が950kgあります。
価格 メーカーへお問合わせください。

 

 

5)山本製作所【WH203H】

引用:株式会社山本製作所 ホームページ

長所
  • 80℃で10分以上の衛生洗いに対応(厚労省指針
  • 安定した高速回転と高い防音性・防振性を兼ね備えてくれます。
  • ショックアブソーバーが優秀で左右に2本ずつ計4本で動きを抑えてます。
  • 操作パネルが分かりやすく、きれいに配列しているため、操作を覚えやすいです。
  • 最大負荷量は20kgです。
短所
  • 業務仕様の為、躯体が大きく、設置には十分なスペース確保が必要です。(幅1012mm/奥行1203mm/高さ1550mm)
価格 メーカーへお問合わせください。

 

【介護施設】業務用洗濯機の選び方とは?

  • 設置スペースにおいて、サイズが様々な為、業務の動線等も考え、ベストなサイズの洗濯機を選んでください。
  • 最大負荷量の多さにて、選択してください。
  • 厚労省指針の衛生洗いを推奨している場合は対応した機種を選択してください。

 

 

株式会社アーバンアーキテックの高齢者住宅事業をご紹介

株式会社アーバンアーキテック

株式会社アーバンアーキテックホームページより引用>

株式会社アーバンアーキテックは昭和29年に誕生した株式会社アーバンハウジングから分社し、平成21年に誕生しました。高齢者住宅の建築や高齢者福祉住宅コンサルティング事業を行い、建物の建築から介護事業の運営まで一社だけで行えるという強みがあります。

対応エリアは、茨城県を中心に千葉県や東京都、宮城県などです。入所者はもちろん、地域社会や土地の持ち主、投資家、事業者、社員などすべての関係者が満足を得られるサービスの実現を株式会社アーバンアーキテックは目指しています。

関東近県で業界1番になること、事業を通じて介護難民をなくすことが株式会社アーバンアーキテックの願いです。

高齢者住宅事業とは

株式会社アーバンアーキテックホームページより引用>

株式会社アーバンアーキテックの高齢者住宅事業とは、建物の設計から施工、運営までをワンストップで行うというものです。建築会社という強みを活かし、土地の大きさや形に合わせて設計や建築ができます。

建築実績も高く、高齢者住宅を65棟、居室1,300室以上も手掛けてきました。

高齢者住宅事業の特徴

株式会社アーバンアーキテックの高齢者住宅事業は建物の建築をした後、入居者の募集や運営、介護スタッフの募集も一貫して対応します。一般的には、建築と入居者の募集と運営、スタッフの募集は別々の会社が担当している高齢者住宅が多いものです。

別々の会社に依頼することで、各社の連携が取れずトラブルになるケースも少なくありません。その点、株式会社アーバンアーキテックの高齢者住宅事業に全てお願いできるので、各事業の横のつながりがしっかりしています。

土地のオーナーにとっては、安心して有効な土地活用を目指せるでしょう。入居者にとっても介護と建物のプロが手掛けた高齢者住宅では過ごしやすいというメリットがあります。

魅力的な「ご長寿くらぶ」

ご長寿くらぶとは、株式会社アーバンアーキテックが手掛ける低価格で住める高齢者向け住宅のことです。一般的な年金生活者が幸せに暮らせることをコンセプトにしています。安心して普通に満足できる介護サービスの実現を目指しています。

特に力を入れている点は以下の通りです。

  • 認知症の方の受け入れ
  • 看取り(ターミナルケア)
  • リハビリ(機能強化)

ご長寿くらぶ一棟は、半分が認知症の方です。スタッフは専門家の指導を受け、認知症に関する理解や認知症ケアの充実を図っています。また見取り介護に力を入れている看取りチームのいるご長寿くらぶも話題です。

またご長寿くらぶには、デイサービスも併設されています。デイサービスでは生活リハビリの機能訓練もあり、今の機能が衰えないことを目指すことも可能です。アットホームな雰囲気で、楽しみながらリハビリに励む方も多くなっています。

入居者の生活

株式会社アーバンアーキテックの高齢者住宅事業の入居者は、自由に過ごせるというメリットがあります。今までの生活リズムを崩さず過ごせ、外出や旅行、家族や友人に会うことも可能です。

早寝しても夜更かししても大丈夫で、リラックスして過ごしやすくなっています。緊急時は部屋でコールボタンを押せば、職員を呼べて安心です。

まとめ

高齢者住宅は、今後不足する可能性が高いといわれています。株式会社アーバンアーキテックの高齢者住宅事業は、住居に悩む介護難民の救世主となるでしょう。土地の活用を考えている人にとっても、ワンストップでお願いできる所は魅力的に感じられるものです。

また低価格で入居できるご長寿くらぶは、年金で普通に生活したい方の要望に寄り添ってくれます。株式会社アーバンアーキテックの高齢者住宅事業は、高齢化社会の進む日本にとって魅力的な事業といえます。

株式会社ブルーオーシャンシステムの介護記録システムをご紹介

株式会社ブルーオーシャンシステム

株式会社ブルーオーシャンシステムホームページより引用>

株式会社ブルーオーシャンシステムは、静岡県静岡市に本社があるソフトウェアや情報処理などを取り扱う会社です。新しいテクノロジーを使い、利用される方の気持ちに寄り添って福祉分野をサポートしたいという思いで、2010年に誕生しました。

2019年9月には、マイクロソフトゴールドパートナーに認定されています。株式会社ブルーオーシャンシステムの願いは、最先端のクラウドコンピューティング技術を用いて福祉業界のデジタルトランスフォーメーションと働き方改革を推進することです。問題を抱える日本の介護現場にソリューションを提供し、日本の福祉に貢献しています。

介護記録システムとは


株式会社ブルーオーシャンシステムホームページより引用>

介護記録システムとは、日々のケア記録やケアマネジメントのデータの活用ができる記録パッケージシステムです。パソコンやタブレットなど様々なデバイスから利用できるうえ、操作性も直感的で分かりやすくなっています。

高齢者介護や障がい者支援、保育・療育など、あらゆる福祉の現場に対応している点が魅力的です。実際に特養やサービス付き高齢者向け住宅などで活用されています。

介護記録システムの魅力

介護記録システムでは、記録入力に合わせて24時間ケアプランが作成できます。利用される方に合わせた対応をスタッフに指示しやすくなり、ケアの質の向上も期待できます。また過去の記録を確認することで、現場経験の少ないスタッフの教育や業務のリスクを減らすことも可能です。

また介護記録システムを利用すれば、記録業務の効率化が図れます。バイタルを書き写しや日誌の転記を負担に感じている介護現場は、介護記録システムの導入で働き方を見直すことができるでしょう。手書き運用の感覚で記録入力できるインターフェイスもあるので、デバイスが苦手というスタッフも利用しやすくなっています。

介護記録システムの流れ

介護記録システムは、導入前も導入後もしっかりとしたサポートがあります。導入までの期間は、問い合わせから1ヶ月半から2ヶ月程度です。介護記録システム導入の流れをご紹介していきます。

  1. 問い合わせ後、システム起動に必要なライセンスキーが配布される
  2. 実際の業務で使いやすいようカスタマイズが行われる
  3. 管理者向けの研修と現場で使う方向けの研修がある
  4. システムの運用が始まる
  5. 定例会やフォローアップ訪問で運用後の疑問を解決する
  6. システム保守サービスがある

きめ細かなサポートがあるため、デジタルやデバイスが苦手な人も少なくない現場でも利用しやすいでしょう。オプションサービスで帳票カスタマイズもお願いできるので、より現場に合わせた運用も可能です。

分かりやすい料金

料金は、分かりやすいサブスクリプション方式です。バージョンアップがあった場合も、追加料金が掛かりません。分かりやすい料金プランは、事務手続きの簡素化に繋がるでしょう。新しい機能も随時追加され、使いやすさも進化しています。

料金面でも、安心して利用できるでしょう。

まとめ

介護記録システムの導入は、手書きの転記をはじめとする非効率的な事務作業の軽減に繋がります。直感的に利用できるので、デジタルは苦手という現場の方も利用しやすいのではないでしょうか。サポート体制も充実していて、導入後も安心できます。

日々のケア記録やデータは、ケアの質向上に大きく関わります。介護記録システムを活用することで、介護する人もされる人もメリットがあるでしょう。最新技術で現場をサポートしてくれる介護記録システムは、人手不足に悩む日本の福祉業界の救世主といえるでしょう。