株式会社雲紙舎の「雲紙舎ケアサポート」をご紹介

介護現場において、利用者と接する以外で大きな時間を割く業務が事務作業。毎日の日報や経過記録の他に、月末月初で繁忙となるのが国民健康保険団体連合会、いわゆる国保連への介護報酬請求業務です。利用者ごとのデータ抽出や利用実績との照らし合わせ、加算の確認などの業務を期日までに、通常業務と並行して行わなければなりません。事業所によっては事務スタッフが雇用されている場合もありますが、人員基準の取り決めがない事業形態では介護職員や生活相談員、管理者が請求業務を代行している場合もあります。

今回は煩雑な請求業務を代行し、事業所業務の効率化をアシストする株式会社雲紙舎の雲紙舎ケアサポートをご紹介します。

株式会社雲紙舎

株式会社雲紙舎ホームページより引用>

株式会社雲紙舎は、2013年に東京で設立された会社です。介護保険請求業務の代行を専門として行う会社で「クライアント企業の働き方改革」を企業理念とし、介護事業所のあらゆる事務作業による負担軽減を目的としています。

また株式会社雲紙舎では、取り扱う個人情報を適切に対応するためにプライバシーマーク制度や情報セキュリティマネジメントシステム規格であるISO27001を認証取得しています。外部機関からの評価も踏まえ、選ばれる介護保険請求事務代行会社として業務に取り組む会社です。

雲紙舎ケアサポート

株式会社雲紙舎ホームページより引用>

雲紙舎ケアサポートは、国保連への介護保険請求業務を代行するサービスです。事業所で使用している介護請求ソフトを変更することなく依頼できるため、余計なコストをかけずに依頼することができます。毎月の請求業務代行に加え、返戻対応の代行や利用者への請求書発行、スタッフの給与計算も対応可能。事業形態もデイサービスやヘルパー、訪問看護事業所等の他、入所施設にも対応。障害福祉サービス事業所にも対応可能です。

雲紙舎ケアサポートの強み

株式会社雲紙舎は、情報通信技術の普及と業務内容から全国対応を行なっています。そのため人材不足に悩む地方営業所であっても依頼を行うことができ、スピーディな対応が可能です。

迅速な対応と確実性から、利用継続率は98.7%と非常に高い数値を表しており、併せて満足度の高さともいえるでしょう。

雲紙舎ケアサポートをお勧めしたいポイント

株式会社雲紙舎では、以下のような事業所に雲紙舎ケアサポートの利用を勧めています。

  • 普段の業務に追われ、請求業務が追い付いていない
  • 請求業務で残業が増えている
  • 事業所を立ち上げたばかりで請求業務のノウハウがない
  • ICTを導入しているものの、ダブルチェックが大変
  • 事務職員の不足

具体的な内容でなくとも、まずは問い合わせフォームから相談することで対応方法の検討が行えます。

雲紙舎ケアサポート利用の流れ

雲紙舎ケアサポートの利用については、電話もしくは雲紙舎ホームページより問い合わせが必要となります。打ち合わせとヒアリングを行い、プランの提案と見積もりを作成、同意・契約の上で作業開始となります。前月末までに契約が行なえれば、翌提供月の請求から対応可能です。

具体的な見積もりの前に雲紙舎ケアサポートの資料を取り寄せることも出来るため、現在の業務量とじっくり比較して依頼することもできます。

プロに任せる請求業務で多くのメリット

いかがでしたでしょうか。「外部への業務代行はコストがかかる」との印象もありますが、事務職員を雇用する人件費や残業代、通信費や雑費とのコスト比較や業務の煩雑さ解消など、業務代行で得られるメリットには様々なものがあります。メリットには数値化できるもの・できないものもありますが、事業所が利用者へ提供する本来のサービスに集中できることが何よりの恩恵ではないでしょうか。

注目の企業・団体カテゴリーの記事