【ワイズマンの口コミ・評判】特養や老健におすすめ

【ワイズマンの口コミ・評判】特養や老健におすすめ

2021年3月22日

介護ソフト・介護システム『ワイズマン』の評判

 

介護ソフト ワイズマン

出典:WISEMAN

 

煩雑で手間の掛かる介護保険報酬請求など、介護事業所では少しのミスで再度やり直しを行わなければならない事務業務がたくさんあります。

重要な作業を効率化するために、多くのメーカーから多彩な機能を備える介護ソフトが販売されており、既に多くの事業所で導入されています。

そこで、当サイト【フクロウ(福労)介護】では、実際に『ワイズマン』の介護ソフトをお使いの介護・福祉の現場で働く方に『ワイズマン』の使い勝手や満足度について、アンケートを行いました。

福祉用具のプロ
福祉用具のプロ
ワイズマンはほのぼのと並ぶ介護ソフトのトップシェアメーカーで、特養や老健など施設系に強さを発揮します。ただし、USBキーがないと使えないので使用場所が限定されます。

 

介護ソフトの見積りはこちら【全国対応】

 

介護ソフト『ワイズマン』の長所

 

ワイズマン介護老人保健施設向け

出典:WISEMAN

 

『ワイズマン』の介護ソフトは、介護・福祉向けの製品だけでも以下のように細かくラインナップが分かれています。

  • 居宅介護支援支援事業所向け介護ソフト
  • 訪問看護事業所向け介護ソフト
  • 介護老人保健施設向け介護ソフト
  • 介護老人福祉施設向け介護ソフト
  • 訪問介護事業所向け介護ソフト
  • 通所介護事業所向け介護ソフト
  • 通所・訪問リハビリ事業所向け介護ソフト
  • 障がい者施設向け介護ソフト
  • その他製品、関連製品

それぞれのソフトによって長所が異なり、たとえば「訪問看護事業所向け介護ソフト」であれば、介護保険・医療保険に対応し、訪問看護の請求業務や記録業務など、時間と手間が掛かる業務をサポートしてくれます。

また、「障がい福祉向けサービス」だけでも「障がい者施設向け介護ソフト」「障がい者居宅向け介護ソフト」「障がい児通所支援施設向け介護ソフト」と、より的確で充実したサポートを提供するために、豊富なソフト数で細分化しています。

なお、気になる料金については、導入するシステムやライセンスの数で決定するため、概算であっても担当者による案内が必要です。

 

介護ソフトの見積りはこちら【全国対応】

 

介護ソフト『ワイズマン』の評判・口コミ

ここからは、当サイト【フクロウ(福労)介護】が『ワイズマン』の介護ソフトをお使いの介護・福祉従事者に行ったアンケート結果をお伝えします。

 

アンケート内容

 

アンケートでお答え頂いた項目は上記の内容で、お使いの介護ソフトが『ワイズマン』だった方の声をご紹介します。

まずは『ワイズマン』の介護ソフトについて<満足している>と回答した口コミ・評判をご覧下さい。

介護ソフト『ワイズマン』の良い口コミ

良い口コミ評判

 

【総合満足度】★★★★☆

初めてこういうソフトを利用しました。そんな私でも、レクチャーをしてもらったら、それなりに使えるようになりました。価格は分かりませんが、ソフトを使用した方が仕事が効率的にできるようになったと思います。(特別養護老人ホーム:介護士)

 

【総合満足度】★★★★☆

1度入力した件がたまに未入力になってしまい、入力されていない事になっている時がある。
一括入力などは簡単に入力できて使いやすい。たまにソフト自体が立ち上がらないことがある。(デイサービス:介護士)

 

【総合満足度】★★★★☆

ケアプランの評価を担当しており、ワイズマンを使用しています。
初めは使い方など分からないことがありましたが、例文として文章を登録しておけるので、評価の際に評価内容が変わらなければ例文を引っ張ってきて少しの訂正で終えられるので作業効率は良いと思いました。
他のソフトは使ったことは無いですが、わかりやすいと思います。(介護老人保健施設:介護福祉士)

 

【総合満足度】★★★★☆

通所リハビリテーションで介護士をしています。連絡帳作成の時も手書きよりは効率的で作業が早く完了するので、その分、利用者様のケアに専念出来ます。相談員への申し送り事項や事故報告書・ヒヤリハット報告書もソフトを使用しているため、時間短縮出来ており時間外勤務も少ない状態です。コールセンター・訪問サポート・価格に関しては総務課が担当しているため詳細なことは分かりません。1度だけワイズマンの方より研修を行った際、訪問されたスタッフの方も分かりやすく説明してくださり勉強になりました。(介護老人保健福祉施設:介護士)

 

【総合満足度】★★★★☆

ワイズマンシステムは使いやすいと思います。
利用者の個人記録を、業務日誌等へスムーズに取り込めます。かなりスムーズに時間を大幅に短縮できます。
個人記録を【日誌掲載】を押すだけで、業務日誌に取り込めるのです!
前の施設では、個人記録・業務日誌と同じ内容で記載していましたので、ワイズマンシステムの快適さを実感しております。(特別養護老人ホーム:介護福祉士)

 

介護ソフトの見積りはこちら【全国対応】

 

介護ソフト『ワイズマン』の悪い口コミ

 

悪い口コミ評判

 

次に『ワイズマン』の介護ソフトについて<満足していない>と回答した口コミ・評判をご覧下さい。

 

【総合満足度】★★☆☆☆

シェア的には大きいワイズマンのソフトですが、情報漏洩に関する機密性は物理的にキーによる運営なので問題はありませんが、キーの購入費用が高価なので、もう少し考えていただきたいと思います。機能的にはベーシックな部分では問題なく、国保連へのデータ送信などもスムーズですが、直感的な操作が出来ず、どうしても慣れた人向けに作っているソフトになっており、新規参入している他社の方がビジュアルは良く出来ているように思えます。老舗のプライドもあるでしょうが、一度全体のプログラムは見直した方が良いと思います。コールセンターは時間かかりすぎ。このレベルのサービスとしては価格は高価であり機能とは見合っていないと思います(正直常にマニュアルが無いと作業は厳しいです)。<短時間デイサービス(リハビリメイン):生活相談員>

 

【総合満足度】★☆☆☆☆

例えば排泄入力を行おうとして、入浴画面に入力してしまったので間違いを訂正しようとしても、最初から打ち直さなければならず、入力した文章などはすべて破棄されてしまう。入力内容は保持したままで他画面に遷移するような仕様になっていない。(看護多機能施設:送迎ドライバー兼介護士)

 

介護ソフトの見積りはこちら【全国対応】

 

まとめ

公益財団法人 介護労働安定センターによる介護労働実態調査でも「介護従事者の労働条件・仕事の負担に関する悩み」は、賃金についてよりも人手不足が大きな不満・悩みとなっています。

 

労働条件等の悩み、不安、不満等(複数回答)

労働条件の悩み

出典:公益財団法人 介護労働安定センター「介護労働実態調査」の結果

 

同業他社との人材獲得競争が激しく、職員数が足りないために満足な介護サービスを提供できないと切実な声まで挙がっています。

厚生労働省も「介護職のイメージ刷新等による人材確保対策強化事業」を行うなど、人材発掘に力を入れていますが、すぐに人材が集まるほど簡単なものではなく、現状は限られた人材の中でいかに「効率化」を高められるか?が重要です。

今回は、人手不足を補い業務を効率化させる介護ソフトの中から、44,000件以上の実績で全国トップシェアを獲得している『ワイズマン』の評判・口コミについてお伝えしました。

最後に『ワイズマン』の長所・評判・口コミについてまとめます。

 

  • 『ワイズマン』の介護ソフトは業界トップシェアを誇る
  • 『ワイズマン』は介護・福祉向けの製品だけでもサービスのラインナップが豊富
  • 『ワイズマン』の介護ソフトは「使いやすさ」の面で特に高評価
  • 介護ソフトのレクチャーが丁寧な点も好評
  • 『ワイズマン』は「コールセンターの対応に時間が掛かる」ことが低評価
  • 『ワイズマン』の価格はシステムやライセンス数で決定するため、概算であっても担当者による案内が必要

 

介護ソフトの見積りはこちら【全国対応】