加藤電機株式会社の「SANシステム」をご紹介

加藤電機株式会社の「SANシステム」をご紹介

加藤電機株式会社

加藤電機株式会社ホームページより引用>

1965年創業の加藤電機株式会社は、安全と安心をモットーに電子電機技術を用いたセキュリティシステムで社会への貢献を目指す会社です。

カーセキュリティ事業で培った技術をホームセキュリティ、パーソナルセキュリティにも発展させるとともに、常に向上を目指し技術革新を進めることでIoTを用いた見守りサービスを展開しています。現在では応用技術を用いて安全・危機・運行管理やトレーサビリティも手掛けています。

加藤電機株式会社の取扱商品

SANシステム

SANシステムとは加藤電機株式会社が最新のIoT技術を用いて開発し、特許を取得した独自の追跡システムです。発信機、捜索機器、中継器に分かれ、発信機から発せられる特殊な電波を用いて通信します。通信衛星を経由して居場所を特定するGPSシステムでは電波が届きにくい屋内や地下、山岳地帯等でも最小誤差50cmという正確性で発信機を特定することができます。

軽量・長持ちバッテリーで携帯に便利

従来の追跡システムでは、デバイスが大きく持ち運びしにくいことで携帯することを敬遠し、追跡の役目が果たせないデメリットがありました。また小型であってもバッテリーや充電がすぐに切れてしまい、肝心な時に機能しないといった問題が起きていました。SANタグは小型・軽量で持ち運びしやすく、靴やお守りなどに設置することが可能です。またバッテリーも約2時間の充電で1.5カ月使用できるなど、長寿命を実現したことでもしもの時にバッテリーが切れてしまっているという問題にも対処しやすく設計されています。

通過経路はスマートフォンで確認可能

発信機からの電波が捜索機器に届かない場所であっても、中継器が電波を受信することで登録されたスマートフォンやパソコンに電波受信歴をお知らせすることができます。そのため万が一の捜索時に足取りが掴める他、日頃の散歩や外出記録を確認することで安否確認といった使い道もできます。

認知症になっても暮らしやすいまちづくり

認知症を患った場合、記憶や見当識に影響が及ぶことで自宅への帰り道が分からなくなりさまよってしまう「徘徊」が近年の問題となっています。徘徊の末に悲しい事故が起こっても、家族の管理責任と判決が出た裁判は記憶に新しいものではないでしょうか。加藤電機株式会社はIoT技術を用い、まち全体で見守るネットワークを構築することで「認知症になっても地域で生活できるまちづくり」といった地域包括ケアシステムの理念に沿ったサービスを提供しています。

その他商品

はいかい高齢者見守りGPS「MAMORIA GPS」

MAMORIA GPSは高精度のGPSシステムを採用し、スマートフォンと連動して居場所がすぐに分かるシステムです。発信機のボタンを長押しすることで登録されたスマートフォンに緊急通知を送ったり、定期的なルート確認や経路の履歴まで確認できる優れものです。発信機サイズは52mm×52mmとスマートフォンよりコンパクト。

まとめ

加藤電機株式会社は最先端の技術を安心、安全のために活かしミクロからマクロまで幅広いセキュリティを担う注目の会社です。その理念は信頼と実績につながり、カーセキュリティ売り上げシェアNo.1、パトロールカー導入実績No.1といった輝かしい結果を残しています。

活動は商品開発だけではなく、企業CSRとして地域の防犯啓蒙活動や環境活動にも力を入れています。すべては加藤電機株式会社の「安心と安全を次の世代に」という企業理念がもたらしている想いの結果ではないでしょうか。今後の超高齢社会を目前に、我々の意識と最先端技術で地域を見守る牽引役です。