【キノバス/アマノの浴槽】価格や評判とは?

今回は、「キノバス/アマノの浴槽価格や評判とは?」をご紹介します。

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
こんにちは、私は福祉用具専門相談員として営業をしております。アマノのキノバスは要介護1~2の利用者さんに向いています。

キノバスをおすすめしたい施設は「サ付」「有料」「小規模」「デイ」です。

 

 

【キノバス/アマノの浴槽】価格や評判とは?

【引用】:株式会社アマノ ホームページ

施設 サ付・有料・小規模・デイ
長所
  • 木製浴槽と比較して、木がカビる(黒く変色)することが無い
  • リフト浴対応浴槽として使用が可能(浴槽内寸が広い)
  • 脱着型手すりと水栓カランが標準装備。
短所
  • 浴槽内がFRP樹脂なので滑りやすい
  • 縁をまたぐ際に浴槽が深く、転倒のリスクが高まる
  • 施工条件がある(掘り込み250mm)
定価
  • 浴槽のみ 990,000円~
  • リフト付き 1,250,000円~

 

 

【キノバス/アマノの浴槽】の口コミとは?

【総合満足度】★★★★★

お風呂の素材が滑りにくい材質で入居者が足や身体を滑らせてしまう事が無いので介助する際に安心感が得られて良いです、浴槽の深さも絶妙ですし、大きさもゆとりがあり介助しやすくて満足しています、個人的には不満な点は全くありません。

【総合満足度】★★★★☆

「職員の腰に負担がない高さで作業できる」
「職員の身長に合わせ移乗させやすい高さで介助できる」
「内寸が広いためゆったりと入浴できる」
「簡単に身体の向きも変えれるため便利」
「リフトが上下する為利用者さんの身長に合わせれる」
「基本プラスチックなので最初にお湯をかけてあげないと冷たい」
「湯船が大きい為溜まるのに時間がかかる」

【総合満足度】★★★★☆

メリットは、3つあります。1つ目は、浴槽に橋がかかったような手すりがあるため、またぎ動作の支えになり安全だと思います。2つ目は、足受けがついていることです。足受けは着脱ができるため、いろいろは体格の利用者様に合わせることができます。3つ目は浴槽に椅子を置くと座りやすく立ちやすくなります。デメリットは、自動湯はりでないこと、湯はりにやや時間を要すること、素手で温度確認する手間、足受けはカビが付きやすくメンテナンスが大変なことが挙げられます。

【総合満足度】★★★★☆

程よい高さで、広いため入りやすく、なおかつ素材が天然木なため安心感があり、利用者の方々にも大変人気です。また、手すりが簡単に脱着できるため、利用者の方々のニーズに合わせやすく、介助者にとっても良いお風呂です。

【総合満足度】★★★★☆

出入り時の高さの調節の細かさが当人にも介護者にも助かっていると思います。リラックスするひとときであるお風呂が、介護という要素が加わると途端に骨折り作業に変わりやすいのが現実で、当人もその空気を感じ取って委縮してしまう悲しさがありますが、このお風呂は気苦労を感じさせず体力的にもしんどくない作りで良かったと思います。

 

 

【総合満足度】★★★★☆

リフト浴対応浴槽としての使用が可能なため、浴槽内寸が広いく作業がしやすい。脱着型手すりと水栓カランが標準装備しているため用途に合わせて使い分けることができる。しかし、浴槽内がFRP樹脂なので滑りやすく、縁をまたぐ際の入居者の転倒のリスクが高まるため注意が必要。

【総合満足度】★★★☆☆

お風呂の素材が滑りにくい材質で入居者が足や身体を滑らせてしまう事が無いので介助する際に安心感が得られて良いです、浴槽の深さも絶妙ですし、大きさもゆとりがあり介助しやすくて満足しています、個人的には不満な点は全くありません。

【総合満足度】★★★☆☆

シャワーの位置が少し高い。浴槽が汚れやすい。床がすべりやすい。水の温度調節が見やすい。シャワーの出る量がちょうどいい。イスが汚れにくい。流し口に溜まったゴミが取り除きやすい。風呂栓がきちっと閉まる。収納が上手く出来る。

 

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
キノバス/アマノ以外の個浴浴槽には、どのような製品があるのかご紹介します。
メーカー 製品 定価
酒井医療 パンジーi
  • シンプルセット 1,300,000円〜
  • パーソナルセット 1,790,000円〜
  • スタンダードセット 1,990,000円〜
オージー技研 ヘルパーアシスト TIPE-003HS
  • Aタイプ 木曽ひのき製 850,000円
  • Cタイプ 青森ひば製 750,000円
TOTO ポリバス
  • 本体価格 265,000円

 

介護浴槽・特殊浴槽カテゴリーの記事