ハビリスジャパンの活動内容をご紹介

ハビリスジャパン

ハビリスジャパンホームページより引用>

ハビリスジャパンは2016年に誕生した、手足に障がいなどのある子どもたちをサポートする団体です。現在理事長である藤原清香医師の思いに賛同した医師やセラピスト、義肢装具士の方々が中心となって活動しています。

藤原清香医師は、2012年から約1年間小児義肢が普及しているカナダ・トロント市で小児用義肢の臨床を学びました。その頃の日本は、義肢の普及が不十分でした。

藤原清香医師は日本でも義肢の普及を図ろうと決意します。カナダの義肢をサポートしている民間団体にアイディアをもらい、ハビリスジャパンの前団体を設立します。手足に障がいなどの特徴がある子どもの社会参加を実現することがハビリスジャパンの願いです。

ハビリスジャパンの活動内容

ハビリスジャパンホームページより引用>

ハビリスジャパンの活動は医療機関や関係諸団体と協力しながら、子ども達の成長を支え、チャレンジしたいという思いに寄り添うような内容です。

内容は、大きく以下の4つの事業に分けられます。

  • イベント
  • 義肢貸与
  • 教育・啓発
  • 開発・調査

それぞれの事業を通じて、障害のある子どもの成長を支えています。

ハビリスジャパンが開催するイベント

ハビリスジャパンでは、定期的に手足に障害のある子どもに向けて運動教室や料理教室などを開催してきました。子ども達はイベントで色々な種類の義肢をつけます。義肢を使用することで、子どもも自分の可能性を感じることが可能です。

イベントは安全面を考慮して行われ、義肢に詳しい医師や療法士などとも協力して開催されます。

過去には、元プロ野球選手によるキャッチボール教室が開催されました。イベントは地方やオンラインでも開催されるものもあります。イベントに興味のある方は注意事項や予約が必要か確認のうえ、参加してみてください。

ハビリスジャパンの義肢貸与サポートや教育・啓発

ハビリスジャパンでは、義肢のレンタルも行っています。義肢は活動毎に適した形がありますが、日本では気軽に利用できないのが現状です。

ハビリスジャパンのレンタル事業は、個人では入手が難しい義肢も取り扱っています。義肢が必要な子どもに貸与することで、子どもの成長したいという思いにこたえてきました。

また積極的に情報を発信し、義肢を必要とする子ども達を知ってもらおうとしています。メディアに出演したり、講演会に参加したりという活動を行ってきました。

ハビリスジャパンの開発・調査研究

ハビリスジャパンでは、国産の義肢開発や調査事業にも力を入れています。義肢は海外産が多く、高額でほしいときに手に入らないという日本の子どもは少なくありません。

ハビリスジャパンは子どもが欲しいときに必要な義肢が手に入るように事業に力を入れています。開発や研究事業は第8回「Medtecイノベーション大賞」(MedtecJapan2018)にも輝きました。

ハビリスジャパンの活動に共感した方は、寄付を行ったり、イベントにボランティアとして参加したりすることも可能です。Softbankスマホを使った「つながる募金」では100円から募金もでき、無理のない範囲でサポートしたい方にもおすすめです。

まとめ

日本では、子ども用の義肢が十分行き届いているとはいえません。ハビリスジャパンの活動は、日本での子ども用義肢の普及をサポートしているといえるでしょう。

イベントも定期的に開催されていて、子ども達の成長のサポートになっているといえます。ハビリスジャパンの開発・調査研究が進み、日本でさらに義肢が身近な存在になることを願ってやみません。

株式会社アドミンの「ケアスル」をご紹介

株式会社アドミン

株式会社アドミンホームページより引用>

株式会社アドミンは、2009年に誕生した長崎市出島に拠点を置く会社です。システム構築やPR事業、オーダーメイドでのアプリやソフトウェア開発などIT事業全般に力を注いでいます。

2020年には、デジタルトランスフォーメーション(DX)を専門にした「サイバー企業」に事業転換をしました。日本のデジタルトランスフォーメーションをけん引する存在として知られています。

株式会社アドミンでは、全員社員をテレワーク化し、完全ペーパーレス化を実現しました。SDGsへの取り組みにも積極的で、持続可能な社会を作ることに力を入れています。福祉向けソリューションの研究開発にも力を注ぎ、日本の高齢化問題の解決を目指しています。

「ケアスル」とは

ケアスルホームページより引用>

 

ケアスルとは、株式会社アドミンが手掛ける介護事業支援に特化したパッケージソリューションのことです。実際に福祉の現場で働く人の声を参考に作成されました。

介護施設でありがちな悩みを解決することができるうえ、カスタマイズしやすいところが魅力的です。

ケアスルの特徴

ケアスルは、介護施設、デイサービス、訪問介護の3つのシステムが用意されています。介護現場の業務に合わせてシステムが無駄なく使えるので、コストを抑えることが可能です。

入力は、パソコンやタブレットで簡単にできます。操作もシンプルなので、デジタルは苦手という方でも扱いやすいところが特徴的です。

ケアスルでは情報を一元化して管理しているので、情報連携もスムーズに行えます。移動時間に情報を入力したり、確認したりできるので、作業時間を大幅に減らすことが可能です。

ケアスルでできること

ケアスルは、様々な使い方ができます。

  • PCやタブレット上での連携・確認
  • 入力テンプレートを活用することにより監査しやすい報告書の作成
  • 既読確認やプッシュ通知
  • 訪問介護時における職員の出勤状況チェック
  • 誰でも簡単にできる国保請求用資料の作成
  • QRコードを使った訪問介護時の正確な時間 など

ケアスルを活用すれば、介護現場のペーパーレス化も可能です。事務作業効率が向上するので、勤務時間の短縮効果も期待できます。記録時間が短縮できるので、時間にも余裕ができます。空いた時間で別の業務ができるようになり、残業も減るでしょう。

また報告書の入力テンプレートは、入力が簡単です。さらに統一感のある報告書の作成ができるので、報告書が分かりにくいや読みにくいという悩みも解消してくれるでしょう。

報告書に統一感がないことで起こりやすい監査や修正の時間を削減できるので、職員の負担を大幅に減らせます。

施設の利用者にも大きなメリットがある

ケアスルを導入すると、ヘルパーからの介護記録をすぐに確認できます。家族やケアマネージャーから質問があった場合に即座に対応できるでしょう。

また介護記録内容もテンプレート化することで、より分かりやすく記録できます。利用されている方の要望もわかりやすくなり、より細やかな介護サービスが可能です。

まとめ

介護の現場では、情報伝達に戸惑う機会が少なくありません。記録の入力に時間がかかり、残業をしている人も多いものです。ケアスルを導入すれば、入力が簡単なうえ、誰もがわかりやすい内容になります。

操作もシンプルなので、デジタル機器が苦手という職員も利用しやすいところがポイントです。システムも3つから選べるので、無駄がありません。コストを抑えたいと考えている介護施設にとっては、ケアスルは魅力的です。

豊富な機能とシンプルな操作性を兼ね備えたケアスルは、介護現場において心強い味方になってくれることでしょう。

テックワン株式会社 の「メディマット」をご紹介

テックワン株式会社

テックワン株式会社ホームページより引用>

テックワン株式会社は、1965年に設立された歴史ある会社です。合繊織物染色整理加工や透湿防水フィルムの製造、介護用品の製造販売などの事業を行っています。

世界トップレベルの安全な繊維製品を取り扱っているという証明になる「エコテックス®スタンダード100」の認証classⅡを毎年更新しています。テックワン株式会社が認証を受けているclassⅡは、肌に触れあう部分が多い繊維の基準値です。

テックワン株式会社の社名は、「テクノロジーでオンリーワン」という由来があります。長年培った技術を使い社会に貢献することが、テックワン株式会社の願いです。

テックワン株式会社の「メディマット」とは

メディマットホームページより引用>

テックワン株式会社の「メディマット」とは、床ずれを防ぐサポートをしてくれるマットレスのことです。「いわしや医療」から商標を受け継いだテックワン株式会社は、メディマットに抗菌や防臭加工をプラスしました。

パワーアップしたメディマットは、医療や介護の現場で活用されています。

メディマットの特徴

メディマットは防水機能があるうえ、蒸れにくく快適に使えます。ウレタンマットは水洗い可能で、いつも清潔です。万が一トイレに間に合わなかったり、吐いてしまったりした場合にもすぐ拭き取れ、直接消毒もできます。

高い抗菌力を誇る加工がされていて、衛生的に使えます。日光消毒の手間もかからないので、管理も簡単で便利です。カバーは高度医療素材が使われているので、何度でも洗えていつでも快適に使えます。

さらに体重を分散させる構造が、優しく体を包みます。腰や肩、骨が突出していて痛みを感じる方も、体をゆっくりと休められるでしょう。

体圧が分散されることによって、血流改善が見込めます。疲れが取れたりぐっすり眠れたりする効果も期待できるでしょう。

サイズも豊富

テックワン株式会社のメディマットはサイズが多く、その人にあったシーンで利用可能です。主なメディマットは、これらが挙げられます。

  • 医療用・介護ベッドの寝具用マットレス
  • 車いすハーフサイズ
  • 車いすフルサ

車いす用のメディマットを利用すれば、長時間座っているという方も快適です。メディマットは通気性が良いので、車いすで蒸れを感じている場合の救世主になってくれるでしょう。夏場の車いすを不快に感じている場合にもぜひ活用してみてください。

2つのウレタンフォーム

テックワン株式会社のメディマットは、2つのウレタンフォームが使われています。

  • 低反発無膜ウレタンフォーム…体を包み負担を軽減する
  • 高反発無膜ウレタンフォーム…下から押し上げ腰や尻が下がりすぎることを防ぐ

テックワン株式会社のメディマットは、2つのウレタンフォームで心地良い眠りをサポートしてくれます。短い期間に熟睡できるので、生活の質も上がるでしょう。

利用されている方の床ずれを解消したい、快適な睡眠のサポートをしたいという介護施設は、テックワン株式会社のメディマットをうまく利用してみてください。

まとめ

長い時間ベットの上で過ごす方にとって、快適に過ごせるマットレスは心強い存在です。テックワン株式会社のメディマットは防水機能や直接消毒が可能で、清潔に長く利用できるところが魅力的といえるでしょう。日光消毒が不要で、管理しやすいところも大きなメリットといえるでしょう。

サイズも複数用意されているので、車いすに乗っている方も快適です。使うシーンに合わせたサイズを手に取るといいでしょう。テックワン株式会社のメディマットは、介護する人もされる人も心強く快適に過ごせるマットレスといえます。

林兼産業株式会社の「まごころキッチン」をご紹介

林兼産業株式会社

林兼産業株式会社ホームページより引用>

林兼産業株式会社は「霧島黒豚ブランド」で広く知られている会社です。海産物加工品や海産物などの製造販売にも対応しています。安心できる食品を提供しようという強い思いを持ち、飼料の生産から食品の販売まで幅広く事業を展開しています。

林兼産業株式会社では、品質保証部門が丁寧な検査を行うことで高い品質を目指しています。大学との研究にも力を入れていて、新しい商品作りにも力を注いできました。高齢者向けの食品作りにも積極的に行っています。

林兼産業株式会社は三方よしの精神を大切にして、理想的な食文化に貢献しようと考えています。豊かな食生活で素敵な未来を導くことが、林兼産業株式会社の願いです。

林兼産業株式会社の「まごころキッチン」とは

まごころキッチンホームページより引用>

林兼産業株式会社の「まごころキッチン」とは、高齢者の方に向けたやわらかい食材や栄養を強化した保健機能食品(栄養機能食品)、旬を感じるかわいい和菓子などを展開するオリジナルブランドです。

年齢を重ねても健やかで美味なものを楽しみたいという思いに、まごころキッチンは寄り添っています。

まごころキッチンの誕生の経緯

まごころキッチンは、ソーセージの開発からスタートしました。年齢を重ねた方でも気兼ねなく食べられるソーセージを商品化できないかという強い思いが、「ニューソーセージ」の誕生につながります。

ニューソーセージは歯茎で簡単に潰せるうえ、1日に必要なカルシウムの約48%が取り入れられます。幅広い料理に使えるうえ、そのまま食べてもおいしいのがニューソーセージの魅力です。

ニューソーセージは、白身魚やサーモン入り、チキン、ポークの4つの種類があります。その後も次々と魅力的な商品が開発され、現在にいたります。

まごころキッチンの人気商品

まごころキッチンでは、ニューソーセージ以外にも魅力的な商品が数多くあります。代表的な商品をご紹介します。

  • ソフミート…歯茎で潰せる柔らかな調理素材
  • やわらくマルシェ…ポーションタイプの柔らかい食材
  • 四季の和菓子…鉄、カルシウムの入った栄養機能食品
  • からだ充実…飲みきりサイズのビタミンやミネラルの入ったヘルシーなドリンク

まごころキッチンの商品は、一般では流通していません。「全国病院用食材卸売業協同組合」加盟企業や医療向け食品の取り扱い企業にて購入できます。

ご自身や家族が病院や介護施設を利用していてまごころキッチンに魅力を感じる一般の方は、施設の栄養士や食事の担当者に申し出てみることをおすすめします。

まごころキッチンを使ったレシピも豊富

まごころキッチンの商品はそのまま食べられるものもありますが、少しの手を加えると魅力的な料理になるものが少なくありません。まごころキッチンのホームページでは、おすすめのレシピも紹介されています。

例えばソフミートを使えば、生姜焼きやとんかつなども手軽に楽しめます。レシピを活用すれば、いつまでもおいしいものが食べたいという方に寄り添うことができるでしょう。

まごころキッチンではソフト食に関する情報も発信していて、豊かな食生活に貢献しています。

まとめ

年齢を重ねると、好きな食べ物であっても食べにくいと感じる例が少なくありません。林兼産業株式会社の「まごころキッチン」は、ご高齢の方でも食べやすい工夫がされています。

高齢者の食事メニューに悩むことが多い病院や介護施設のスタッフにとっても、林兼産業株式会社の「まごころキッチン」は心強い三鷹です。

林兼産業株式会社の「まごころキッチン」はいつまでも食べる楽しみを感じたいという方の思いに寄り添う商品といえます。

三和ニューテック株式会社の離床センサーをご紹介

三和ニューテック株式会社

三和ニューテック株式会社ホームページより引用>

三和ニューテック株式会社は、1970年に誕生した宮崎県に本社のある会社です。電子部品・製品の総合メーカーであるエス・エム・シーグループの電子応用機器事業部門を担っています。

三和ニューテック株式会社では、長年のカードリーダーライター事業で得た実績を基に、ヘルスケア関連機器事業、ODM事業も展開してきました。新たな事業に積極的になることで、さらに利用する方に寄り添った活動を目指しています。

三和ニューテック株式会社の経営信条は「企業は⼈なり」、社員の⾏動精神は「利他の⼼」です。未来を見据えて社会に貢献したいという三和ニューテック株式会社の想いが感じられます。

三和ニューテック株式会社の離床センサーとは

 

三和ニューテック株式会社ホームページより引用>

三和ニューテック株式会社の離床センサーは、ベッドやマットから利用者が離れた際に知らせてくれるセンサーのことです。離れた場所にいても音で知らせてくれる離床センサーは、介護をしている人の負担を減らす役割が期待できます。有線タイプや無線タイプなど、幅広くラインナップしているところが魅力的です。

離床センサーの特徴

ベッドに置く離床センサーには、寝返り時の誤検知防止機能があります。単に寝返りをしただけだったという事態を回避できます。検出する時間は、15秒以内で自由に設定可能です。利用する方の状態に合わせて設定できます。

また幅広いベッド事情に対応できるように、感度調整機能も付いています。通常対応が難しい体圧分散マットレスでも、離床センサーを使用することが可能です。マットや枕の重さに合わせて
感度が調整できるので、精度の高い通知が期待できます。

さらに離床センサーは、ベッドの下にマットのように引くタイプもあります。ベッドから離れて立ち上がろうとした際や徘徊の予防に役立てられて便利です。プロテクトケース付きマットセンサーも人気です。

いずれのタイプもナースコール式のラインナップにも対応しています。寝たきりや就寝時の転倒防止に役立てられるでしょう。

離床センサーの利用方法

ベッドで利用する離床センサーは、ベッドの床に設置するだけで利用できます。センサー部分にはクッション性の高い素材が使われていて、寝心地が悪くなる心配はありません。またクッション性の高さが、センサーの経年劣化を防いでくれます。付属の固定ベルトは、使用している中でのズレを阻止する役割があります。

マットのように利用する離床センサーは、ベッドの下で介護されている人が立ち上がる際に足で踏みそうな場所に設置してみてください。離床センサーはナースコールに接続するだけで簡単に設置可能です。

離床センサーの下には、滑り止め生地があります。離床センターが滑って利用される方が転倒してしまう心配もいらないでしょう。

離床センサーを介護現場で使うメリット

離床センサーは、身体拘束に該当しません。また見守り機器を活用することで、夜勤をするスタッフや管理者の負担を軽減することが可能です。人手不足に悩む介護の現場で、離床センサーは心強い味方になってくれるでしょう。

まとめ

介護する人が、介護される人の側にずっといることは難しいものです。その点離床センサーは転倒や徘徊の防止に役立てられるので、心強い存在といえます。

三和ニューテック株式会社の離床センサーには誤検知防止機能やズレ防止の固定ベルトなど、利用する方の想いに寄り添った物づくりの精神が感じられました。

離床センサーは、介護する人と介護される人の両方のQOLを上げる手助けをしてくれます。今後三和ニューテック株式会社の離床センサーのさらなる発展に期待が高まります。

株式会社ブイシンクの「ケアアシストサイネージ」をご紹介

株式会社ブイシンク

株式会社ブイシンクホームページより引用>

株式会社ブイシンクは、システム開発から運用まで一括して対応できる魅力的な会社です。町で目にするデジタルサイネージ(電子看板)をより魅力的にした企業として知られています。

デジタルサイネージ型の自動販売機は、防災設備や多言語対応など可能性を広げてきました。サイネージのキャラクターが評判をよび、自動販売機の売り上げにも大きく貢献しています。株式会社ブイシンクの手掛けるデジタルサイネージ型の自動販売機は天気予報やニュースが配信され、駅の重要なインフラとなりつつあります。

さらに株式会社ブイシンクでは、従業者全員が環境保全を積極的に試みています。株式会社ブイシンクの活躍は、日本のハイテク化にも良い影響を与えるでしょう。

株式会社ブイシンクの「ケアアシストサイネージ」とは

株式会社ブイシンクホームページより引用>

株式会社ブイシンクの「ケアアシストサイネージ」は、介護支援用に制作されたサイネージです。介護スタッフの負担を軽減し、利用者の介護予防に貢献すると話題になっています。

コンテンツも豊富で、長い期間の使用でも興味深く利用可能です。株式会社ブイシンクの「ケアアシストサイネージ」は、デジタルサイネージの新たな利用方法を見出した商品といえるでしょう。

ケアアシストサイネージの特徴

ケアアシストサイネージは、画面タッチや音声案内で誰でも簡単に利用できます。画面の大きさは43インチワイド液晶、LTEによるインターネット通信機能搭載です。コンテンツは自動的に更新されるので、手間がかかりません。

直感的に操作できるので、介護を利用されている方も気軽に利用できます。コンテンツは楽しいだけでなく、介護予防に役立てられます。

利用者がケアアシストサイネージを利用している時間を上手に活用すれば、介護スタッフは別の業務ができます。スタッフの負担軽減に繋がり、介護の現場で心強い味方になってくれるでしょう。

特に設置をするだけで、レクリエーションの代わりになる所は大きなメリットです。今までレクリエーションの準備や実施に負担を感じていたという現場では、働き方の改善にもつながります。

画面の大きさは43インチワイド液晶、LTEによるインターネット通信機能搭載です。コンテンツは自動的に更新されるので、手間がかかりません。

ケアアシストサイネージでできること

ケアアシストサイネージでは、女の子のキャラクターが案内してくれます。主にできることをまとめてみました。

  • 物忘れチェック
  • カラオケ
  • 口の体操
  • 早口言葉
  • ロコモチェック

物忘れチェックは、クイズ形式で実施されます。クイズのジャンルを選ぶことが可能で、利用者の得意な分野で楽しめるでしょう。カラオケは画面のキャラクターも共に歌ってくれるので、歌うのが苦手という方やメロディを忘れたという人も参加しやすいのです。

口の体操や早口言葉は、食事の前に行う嚥下の訓練や発声練習に役立てられます。介護施設で利用すれば、皆で一緒に介護予防が可能です。

ケアアシストサイネージの利用イメージ

入居者は、ケアアシストサイネージの周りに集まります。ケアアシストサイネージは内蔵カメラを使い、顔認証や音声認証をして対応していきます。表示される文字は大きく、業務用の高輝度ディスプレイで明るく見やすいものです。スタッフはその間には食事や入浴介助に集中します。

まとめ

株式会社ブイシンクの「ケアアシストサイネージ」は、福祉の現場の救世主になる存在といえるでしょう。ケアアシストサイネージの新しい活用法としても魅力があります。今後株式会社ブイシンクの「ケアアシストサイネージ」がさらに普及し、介護を受ける人、スタッフ共に充実した時間が過ごせることを願ってやみません。

ヒューマンライフケア株式会社の介護事業をご紹介

ヒューマンライフケア株式会社

ヒューマンライフケア株式会社ホームページより引用>

ヒューマンライフケア株式会社は、教育の分野で知られているヒューマングループの介護部門を担う会社です。1999年に神戸市北区・東京都葛飾区にて訪問介護事業をスタートさせて以降、社会の情勢に合わせて様々なサービスを提供し続けています。

ヒューマンライフケア株式会社では、主に介護事業、教育・研修事業、特定技能登録支援事業、子育て支援事業、訪問診療や訪問看護を行う医療法人との提携を主軸にしています。サービスを利用する方だけでなく、携わるスタッフや家族、地域の人々がみな満足できるような取組みを続けてきました。

少子高齢化が進む日本社会の問題を解決しようと、ヒューマンライフケア株式会社は人財のはぐくみ育て、最先端技術を取り入れています。ヒューマンライフケア株式会社が大切にしているのは、人と人との温かい繋がりです。

ヒューマンライフケア株式会社の介護事業とは

ヒューマンライフケア株式会社ホームページより引用>

ヒューマンライフケア株式会社の介護事業は、自宅から老人ホームまで幅広く行われています。ヒューマンライフケア株式会社と提携している医療機関もあり、様々なニーズに応え続けてきました。

介護に興味のある方は、ケアプラン作成もお願いできます。ヒューマンライフケア株式会社の介護事業は、介護に悩んでいる方の心強い味方といえるでしょう。

自宅でのサービス

介護事業の自宅でのサービスは、主にホームヘルプサービスと訪問マッサージが行われています。ホームヘルプサービスは、食事やおむつ替えのサポートや食事作りや部屋の掃除のお手伝いなど多岐に渡ります。

ホームヘルプサービスにマイスター制度が導入されていることが、ヒューマンライフケア株式会社の介護事業の特徴です。高いレベルの介護サービスが受けられるので、利用者にも大きなメリットといえるでしょう。

訪問マッサージは寝たきりや歩くことが難しいという方になどマッサージを施術をするサービスです。施術はその方に合わせた内容で、日常生活の様々な動作の改善が期待できます。自宅でのサービスは、保険外の外出介助や話し相手といった対応も可能です。

自宅でのサービスは、今まで暮らしてきた自宅で過ごしたい、自宅で寝たきりの家族を介護しているという方が利用しています。

施設でのサービス

ヒューマンライフケア株式会社の介護事業では、施設に通って介護サービスを受けたい方のニーズにも応えています。サービスは、大きく以下の3つに分類可能です。

  • デイサービス(通所介護)
  • 小規模多機能型居宅介護(通い・訪問介護・宿泊)
  • 看護小規模多機能居宅介護(通い・訪問介護・宿泊・訪問看護)

デイサービスでは、認知症を防ぐためにレクリエーションや体操などの催しが実施されています。小規模多機能型居宅介護は1つの事務所にお願いすることで、ショートステイや訪問介護、宿泊サービスが受けられるというものです。

看護小規模多機能居宅介護は、小規模多機能型居宅介護に訪問看護を加えたサービスです。利用者や家族の様々なニーズを捉えています。

有料老人ホームやグループホームの運営

ヒューマンライフケア株式会社の介護事業では、施設に入所して介護を受けたい、余生を過ごしたいという方のニーズにも応えています。有料老人ホームでは、スタッフの9割以上が資格を持っていて安心です。グループホームでは、認知症の方が長年過ごした町で自分らしく過ごせるように配慮されています。

まとめ

ヒューマンライフケア株式会社の介護事業は多岐に渡り、様々な介護の悩みに寄り添ってくれます。自宅で過ごしたい方、施設で暮らしたい方も相談できます。介護実績や事業も安定しているヒューマンライフケア株式会社の介護事業は、介護を必要とする人や家族の頼り甲斐のある存在といえるでしょう。

さくらCSホールディングス株式会社の介護・福祉サービス事業をご紹介

さくらCSホールディングス株式会社

さくらCSホールディングス株式会社ホームページより引用>

さくらCSホールディングス株式会社は平成14年に創業した主に介護サービス事業を取り扱う会社です。超高齢化社会を迎える日本の問題を解決しようと、人財とテクノロジーを使った取り組みに力を注いでいます。

さくらCSホールディングス株式会社は社会環境の変化や介護現場の状況に対応して事業を行ってきました。国内だけでなく、ハワイやミャンマーにも事業所を構えグローバルな活動をしています。

企業理念は、「未来へと続く正しい価値の創造」で日本の将来を真剣に考えている思いが込められています。さくらCSホールディングス株式会社は、日本を先進福祉国家としてさらに発展していく未来を願っています。

介護・福祉サービス事業とは

さくらCSホールディングス株式会社ホームページより引用>

さくらCSホールディングス株式会社の介護・福祉サービス事業は、サービス付き高齢者向け住宅と小規模多機能ホーム、グループホームなどで介護サービスをすることです。

アットホームな雰囲気の中で、介護される方が自分らしく過ごせる環境づくりに力を注いでいます。

介護・福祉サービス事業の特徴

介護・福祉サービス事業は、「さくらのかいご」という名前で提供されています。さくらのかいごでは、介護する人と介護される人のコミュニケーションを大切にしている。

人生の先輩であるという尊敬の気持ちを持って、さくらのかいごの職員は介護する人と向き合ってきました。また施設内では自由に過ごしてもらうことで、自分らしく過ごせるよう配慮もされています。

さらにさくらのかいごでは、地域との繋がりも大切にしています。地域や社会との交流も積極的に行ってきました。地域の人に介護について理解を深めてもらうきっかけ作りにも貢献しています。

最先端技術の活用

さくらCSホールディングス株式会社の介護・福祉サービス事業では、介護の現場の声を聴き、AIケアプラン・介護記録ソフト CareViwer(ケアビューアー)の開発に成功しました。日本初のKAIGO記録オープンプラットフォームとして高度化されています。

最先端技術の活用はスタッフの負担軽減とともに、ビックデータの蓄積により適切なケアの実践に繋がっています。家族とのオンライン面会にも力を入れていて、最先端技術を上手く取り入れているモデルケースといえるでしょう。

介護・福祉サービス事業の一例「グループホーム ドルチェ」

グループホーム ドルチェは、少人数でアットホームな雰囲気のする認知症対応型共同生活介護施設です。人に対する優しい気持ちを大切にしています。

グループホームでの暮らしを介護する人とスタッフだけでなく、家族や地域の視点も取り入れながら、考えている所が魅力的です。

介護する人が長く快適に暮らせるように、お一人お一人の介護の必要度に応じたサポートをしています。

グループホーム ドルチェの周りは、静かな住宅街です。騒がしい雰囲気に認知症の方が悩まないように配慮されています。

医療機関とも綿密に提携し、日頃の健康管理や万が一体調に変化が見られた時も迅速に対応して、安心です。

部屋は明るく温かみがあり、全室個室です。多目的スペースやふれあい図書室もあります。

まとめ

日本の高齢化は、人類史上でも類をみないほど早いスピードで進んでいます。さくらCSホールディングス株式会社は介護・福祉サービス事業を通じて、日本社会の発展に寄与しています。

介護施設では積極的に最先端技術を活用しつつ、人とのコミュニケーションを大切にしている所が印象的でした。

さくらCSホールディングス株式会社の介護・福祉サービス事業は、日本の将来を支えるさらに大きな存在へと成長を続けるでしょう。

アロン化成株式会社の介護事業をご紹介

アロン化成株式会社

アロン化成株式会社ホームページより引用>

アロン化成株式会社は、昭和48年1月1日に東亜樹脂工業株式会社と株式会社寺岡製作所が合併して誕生しました。硬質塩化ビニル管の製造を日本で初めて行った会社として知られています。

社名のアロンは、親会社である東亞合成株式会社の合成樹脂製品の統一商標にちなんで付けられました。東亞合成株式会社の創業時の社名にちなんだ矢を英語読みし、ナイロンやテフロンなどでお馴染みのロンを組み合わせて名付けられています。

アロン化成株式会社は、プラスチックの総合加工メーカーとして社会の需要に応え続けてきました。近年ではプラスチック技術を活かして、管材や建材からライフサポート事業まで幅広く展開しています。化学事業を通じて人々に幸せを届けることがアロン化成株式会社の願いです。

アロン化成株式会社の介護事業とは

アロン化成株式会社ホームページより引用>

アロン化成株式会社の介護事業は、プラスチック技術を活かして快適な生活環境を支える商品を展開しています。アロン化成株式会社は入浴や排せつに関する商品のみならず、介護を受けている人と家族をサポートする総合提案メーカーへと進化を続けてきました。

介護関連の商品ブランド名である安寿には、介護を受ける人の挑戦を可能にしたいという強い思いが込められています。

アロン化成株式会社の介護事業の特徴

アロン化成株式会社の介護事業では、主に以下の分野の商品を多く取り扱っています。

  • 排泄介護用品
  • 入浴介護用品
  • 住宅関連用品(レンタル・住宅改修)
  • 移動・歩行用品
  • 介護予防用品
  • 食品
  • 生活支援用品

アロン化成株式会社の介護用品の中には、介護保険が適用されるものもあります。少ない自己負担で介護用品を利用できるので、初めて介護する人も利用しやすいことが特徴的です。

アロン化成株式会社の介護事業商品の一例

アロン化成株式会社の介護事業では数多くの商品を取り扱っています。一例をご紹介すると

  • 温浴シャワーイス HP‥ャワーベンチに座ると温浴シャワーが浴びられる
  • ポータブルトイレ ジャスピタ‥ドルフィンカットで尿こぼれを防止できるポータブルトイレ
  • イコットエアM‥最軽量クラスの4.1kgである歩行車
  • 巡優 LKM512®‥ビフィズス菌LKM512で体内から健康に
  • ユニットバス対応浴槽手すり UST-130UB‥洗い場を広く取れる手すり

アロン化成株式会社の介護事業商品は、介護用品専門店の取り扱い店、百貨店、ホームセンターなどで販売されています。部品販売や修理対応もしているので、販売店に足を運ぶといいでしょう。

介護事業商品に掛ける開発者の想い

アロン化成株式会社の介護事業には、数多くの開発者が携わっています。売れ筋の商品であっても、常に新しいアイディアを取り入れようとしています。例えばポータブルトイレ ジャスピタは1972年に発売された主力商品でしたが、祖父がパーキンソン病という社員の思いから大きなリニューアルをされました。

その結果ジャスピタが誕生し、尿漏れで困っている人をサポートする力が強化されました。アロン化成株式会社の介護事業は、安全かつより利便性の高い商品を目指して常に努力を続けています。

アロン化成株式会社の介護事業は、今後も介護する人が前向きになる商品を提供しつづけてくれるでしょう。

まとめ

アロン化成株式会社には、魅力的な介護用品が数多くあります。プラスチックの総合加工メーカーということもあり、製品づくりにこだわりが感じられます。ベストセラーの商品であっても、改良を続けるところに魅力が感じられるでしょう。

高い技術力とさらなる高みを目指すアロン化成株式会社は、非常に魅力的な会社です。

株式会社トータルブレインケアの「CogEvo」をご紹介

株式会社トータルブレインケアについて

株式会社トータルブレインケアホームページより引用>

株式会社トータルブレインケアは、2015年11月に設立された認知機能に関連するプログラムの提供などを行う会社です。2015年には、内閣府革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)
「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」「HealthcareBrainチャレンジ」入選もしています。

株式会社トータルブレインケアは社会問題化している高齢者の認知症に注目しました。産官学の取り組みにも積極的に参加し、エビデンスの構築にも寄与しています。事業を通じて単に認知症の進行を遅らせるだけでなく、積極的に改善することが株式会社トータルブレインケアの願いです。

「CogEvo」とは

CogEvoホームページより引用>

CogEvoとは、パソコンやタブレット端末などを使い気軽に認知機能別トレーニングができるクラウドサービスです。CogEvoを使うことで、認知機能の変化を早期に発見できます。自分の認知機能の特性を掴み、楽しくトレーニングすることが可能です。

監修は高次脳機能の専門家が担当していて、科学的根拠もあります。

CogEvoの特徴

CogEvoは、ソフトをダウンロードする手間がありません。パソコンやタブレットがあれば、すぐに始められます。デバイスの扱いに不慣れな高齢者でも扱いやすいサービスです。また実際のタスクの説明も音声や文章で分かりやすく説明があります。

負担なく楽しく利用できるので、認知機能のトレーニングを自分からしようという気持ちを後押ししてくれます。トレーニングの後にはフィードバック情報も通知され、認知機能の状態が確認しやすい仕組みです。

単に結果が掲載されるのではなく、級やメダル、コメントなどモチベーションの上がる情報も表示されます。

CogEvoの3つのシリーズ

CogEvoには、大きく3つの種類があります。

  • CogEvo Pro
  • CogEvo Personal
  • CogEvo Ri

CogEvo Proは、法人向けシリーズです。主に病院や企業、団体で利用されています。CogEvo Personalは個人向けです。インターネット環境があれば、誰でも簡単に利用できます。月額利用料は税込み1,650円です。通常1年間19,800円ですが、割引プランが用意されていることもあります。

CogEvo Personalはタブレットやスマホで自分の好きな場所で利用できるというメリットがあります。また決められた時間に行わないという決まりはないので、24時間好きな時に認知機能のトレーニングができます。

CogEvo Riは、認知機能の測定に特化しているサービスです。2018年から健康データの計測に役立てられきました。

CogEvoの導入事例

CogEvoは、実際に様々な施設で導入されています。個人以外の主な導入先は、以下の通りです。

  • 大学・研究所
  • 医療機関
  • 自治体
  • 調剤薬局
  • 介護施設
  • 企業

調剤薬局では高齢者だけでなく、地域の健康を高める目的でも利用されてきました。クリニックでは認知症の説明のためにCogEvoが使われています。今後さらにCogEvoを導入する団体や企業も増え、新たな使い方がされることに期待が高まっています。

まとめ

株式会社トータルブレインケアのCogEvoは、認知機能の研究や改善に役立てられています。最近物忘れを感じて不安という方も、CogEvoを活用すると認知機能のチェックとトレーニングが手軽に行えるでしょう。

株式会社トータルブレインケアのCogEvoは、認知症で悩む人に寄り添ってくれる心強い味方といえます。