【介護施設】業務用脱水機のおすすめメーカーと価格相場

今回は、【介護施設向け】業務用脱水機のおすすめメーカーと価格相場をご紹介です。

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
こんにちは、私は福祉用具専門相談員として営業をしております。今回は介護施設向けの業務用脱水機をご紹介します。開業される方や買換えを検討されている方のご参考になれば幸いです。介護浴槽のお買換えはこちらをご覧ください。

 

 

【介護施設】業務用脱水機のおすすめメーカーと価格は?

1)TOSEI【WS-321】

引用:株式会社TOSEI ホームページ

長所
  • コンパクトな躯体で、設置スペースを確保しやすいです。
  • 投入口が大きく、洗濯物やおむつなどを出し入れしやすい設計になっております。
  • パネルが見やすく、操作しやすい設計になっております。
  • スピンシャワーウォッシュという洗浄方法で省エネと洗浄力を両立しております。
  • 振動を抑える機能が備わっております。
  • 最大負荷量は30kgです。
短所
  • 業務仕様の為、躯体が大きく設置スペースの確保は必須条件です。
本体価格 参考価格:1,3300,000(税別)

 

2)山本製作所【WN502】

引用:株式会社山本製作所 ホームページ

長所
  • 脱水時の惰性回転を意図的に停止させる機能がついており、停止のロスタイムを削減します。
  • 任意でバスケットを停止できるため、脱水後の張り付いた品物をはがしやすくなります。
  • 6つのコースをプログラムできます。
  • 3段階に水位を変更することができます。
  • すすぎの温度を任意で変更できます。
  • 最大荷重量は50kgです。
  • 様々なオプション追加でより高機能にできます。
短所
  • 4連以上の助剤ポンプをご使用の場合に、洗剤投入口が必要となり、別途オプションにて購入する必要があります。
本体価格 参考価格:4,770,000円(税別)

 

 

3)アイナックス稲本【超高速遠心脱水機NEX-60】

引用:アイナックス稲本株式会社 ホームページ

長所
  • 最高回転800G、180秒脱水でシーツの残水率が60%まで脱水ができます。
  • リネン、ユニフォーム、高級リネンなど種別ごとに脱水パターンが16種類あります。
  • 連続した水洗機とライン制御によって種別に合わせて脱水力を制御します。
  • 約30秒で最高回転の800Gまで加速します。
短所
  • 業務仕様の脱水機の為、非常に大型で設置個所の確保が必要です。
価格 メーカーへお問い合わせください。

 

4)アイナックス稲本【プレス式脱水機HP3500C】

引用:アイナックス稲本株式会社 ホームページ

長所
  • 油圧センサで設定した圧力に到達したことを検知し、負荷量は種別に合わせた省エネ運転を実行します。
  • 種別に合わせた脱水パターンと均一加圧により、リネン関係を傷めずに短時間で脱水します。
  • 内部の清掃やメンテナンスがしやすい観音扉になっております。
  • コンベアを跳ね上げでき、タンクの清掃が簡単にできます。
  • 最大負荷量は60kgです。
短所
  • 業務仕様の脱水機の為、非常に大型で設置個所の確保が必要です。
価格 メーカーへお問い合わせください。

 

 

5)TOSEN【TAPⅢ】

引用:株式会社東京洗染機械製作所 ホームページ

長所
  • 品物の破れ、張り付きを防止する機能で特許を取っています。
  • 脱水時間を自動延長する機能にて特許をとっています。
  • 少ない消費電力(11kw)で、回転制御かつ効率的に運転することが可能です。
  • 最大負荷量は60kgです。
短所
  • 業務仕様の脱水機の為、非常に大型で設置個所の確保が必要です。
価格 メーカーへお問い合わせください。

 

6)TOSEN【BRS-60】

引用:株式会社東京洗染機械製作所 ホームページ

長所
  • 衣服の脱水に最適な遠心脱水機です。
  • 排出は、ブリッジターン方式を採用しております。
  • 品物を取り出す事が簡単にできる構造になっております。
  • 最大負荷量は60kgです。
短所
  • 業務仕様の脱水機の為、非常に大型で設置個所の確保が必要です。
価格 メーカーへお問い合わせください。

 

 

【介護施設】業務用脱水機の選び方とは?

  • 脱水機能に特価した洗濯機や脱水機能のみの特価した脱水機があります。用途によって、また設置場所のスペースにて決められることをお勧めします。
  • 消費電力や振動など、各メーカーの仕様を事前に確認し、環境にあった機種を選定することをお勧めいたします。
  • 油圧式、遠心回転式など、種別があり、品物や洗濯量、設置スペースによって選定することをお勧めします。

 

 

業務用洗濯機・乾燥機の導入カテゴリーの記事