【Yuiコールの価格と評判】インカム機能付ナースコール

【Yuiコールの価格と評判】インカム機能付ナースコール

2021年7月31日

今回は【Yuiコールの価格と評判】インカム機能付ナースコールをご紹介します。

福祉用具のプロ
福祉用具のプロ
Yuiコール(平和テクノシステム)はナースエコール(名電通)はと良く似たナースコールシステムです。電話機メーカーの岩崎通信のフォローは前者の方が手厚いので、Yuiコールをおすすめします。

 

ナースコールの見積りはこちら【全国対応】

 

Yuiコールの価格と評判

【引用】:株式会社平和テクノシステム ホームページ

Yuiコールとは、「ナースコール」「PHSハンディ」「電話設備」を一体化することで、トータルコストを抑えることができることが大きな長所です。

低コストながら高い拡張性を持つシステムで、第三のナースコールとして、介護施設・病院などで導入に実績があります。また、施設によって付加価値を持たせる機能が複数あります。

Yuiステーション(集中管理システム)

【引用】:株式会社平和テクノシステム ホームページ

長所
  • 入居者からの呼び出しを一括で大型モニター表示できます。
  • ナースコールや離床の状況把握だけでなく、心拍呼吸の異常時にはアラート通知します。
  • 簡単にいつでも全居室の状態把握ができます。
  • 呼出履歴やアラート履歴を表示や、CSV書出できます。
  • 見守りカメラを付けると、ナースコールがあった時だけ映像を画面にポップアップできます。録画も可能です。
短所
  • 無駄を省き、少人数でも効率的な対応ができるようになる。

生活状態見守りシステム

【引用】:株式会社平和テクノシステム ホームページ

長所
  • 各種センサーとの連動で、心拍数、呼吸数、温度・湿度、離床・在床なでの状況をリアルタイムでモニタリングします。
  • 過呼吸、無呼吸を検知し、異常状態になった場合は自動でナースコールで呼出を行います。
  • 温度・湿度の見守りが可能です。熱中症や低体温症を防止します。
短所
  • スタッフの負担軽減と、質の高いケアサービスを行えます。

防犯・見守りカメラの連携

【引用】:株式会社平和テクノシステム ホームページ

長所
  • 設置の目的として、防犯監視だけでなく、見守りや徘徊防止としても利用できます。
  • ナースコール呼出時の室内をモニタリングできます。
  • 廊下や出入口に設置するとセンサーカメラとの連携で夜間の徘徊対策を行う事ができます。
短所
  • 見守りカメラ×見守りシステムで24時間見守りを実現できます。

 

ナースコールの見積りはこちら【全国対応】

 

徘徊対策ナースコール(顔認証)

【引用】:株式会社平和テクノシステム ホームページ

長所
  • 顔認証と電気錠を組み合わせたIoT機器です。
  • 施設内の各所に設置すると、センサーや顔認証機器が徘徊している利用者さんを検知し、巡回中のスタッフのハンディナースへ通知します。
  • 窓やドアに設置しておけば、夜間の脱出を検知できます。
  • 廊下に設置していれば、人目が少ない場所でも徘徊を検知できます。
短所
  • スタッフの常時見守りへの負担を軽減し、早期発見で利用者さんをトラブルから守ることができる。

大型LED表示器

【引用】:株式会社平和テクノシステム ホームページ

長所
  • 遠くからでもよく見える電光表示と聞き取りやすいクリアな音で呼出をお知らせします。
  • 共有スペースや食堂、廊下などの広いスペースに最適です。
  • 各階に設置し、各階の居室のみしか反応しないようにも設定できます。
  • 居室番号、名前を表示できます。
短所
  • 手がふさがっていても、目と耳でコールを把握できます。

 

ナースコールの見積りはこちら【全国対応】

 

【Yuiコール】各システムの選び方

大前提として、Yuiコールは「ナースコール」「PHSハンディ」「電話設備」を一体化した設備システムです。また、各システムを付加価値として追加することで、より良いナースコール設備システムとして機能します。

新規施設への導入をお考えの場合には他メーカーと比べて安くなりますが、既存施設のナースコール入替えには高額となるため、あまり強くおすすめできません。

  • 各施設内設備を見直し、導入コストを抑えると同時にシステム一体化したい。
  • 居室に見守りカメラを設置し、呼出時や任意でモニタリングできるようにしたい。
  • 各センサーや見守りシステムを一体化し一括管理したい。

以上のことに留意して選んでみましょう!

 

ナースコールの見積りはこちら【全国対応】