【アイホンの価格と評判】ナースコールの最大手

【アイホンの価格と評判】ナースコールの最大手

2021年7月18日

今回は【アイホンの価格と評判】ナースコールの最大手をご紹介します。

福祉用具のプロ
福祉用具のプロ
アイホンはナースコールの最大手メーカーです。有線式と無線式から選べて、各種ソフトやビジネスホンとも連動が可能。ただし、導入費用が高価になるところが唯一のネックと言えます。

 

ナースコールの見積りはこちら【全国対応】

 

アイホンのナースコール価格と評判

1)Vi-nurse

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • ボード型PC親機タイプと卓上型PC親機があります。
  • すべての画面がタッチパネルでタッチ操作が可能です。
  • ボード型PC親機は壁にしっかり固定するので、自身の際など転倒落下の可能性が軽減されます。
  • ボード型PC親機はホワイトボード機能がついており、タッチペンを使用し、情報記録にも使用できます。
  • スマートフォンと連動させることも可能です。病棟内、施設内のどこでも看護、介護業務をアシストできます。
  • 呼び出しボタンはハンディタイプと握りタイプがあります。
定価
  •  メーカー問合せ

2)NBM-DN

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

 

長所
  • 小規模施設、医療施設向けのナースコールシステムです。
  • ワイヤレス呼出ボタンを使用できます。
  • 利用者さんの状態に合わせて、「息」「音」「近接」「タッチ」の4パターンから呼出方法が選べる仕様になっています。
  • 既設のナースコールがある場合は親機のみの取替の為、大変お得に導入できます。
  • 過去の履歴を様々な検索条件で検索できます。
  • グラフ表示で呼び出される際の傾向をグラフ化できます。
定価
  •  メーカー問合せ

3)NBEシリーズ

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • 既存で同時通話タイプのナースコールから切替の際は、子機・配線がそのまま使えますので、リニューアルに最適です。
  • 夜間は指定のハンディナースに呼出を集中させる事ができます。
  • ベッド単位での通話とルーム単位での通話をタイプで選択できます。
定価
  •  メーカー問合せ

 

ナースコールの見積りはこちら【全国対応】

 

4)ハンディナースシステム

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • 巡回などでフロアーを移動していても、呼出に応答できます。
  • 無線式の為、導入にコストを抑えることができます。
  • 担当介護士の方を直接指定して、呼出すことができます。
  • ハンディナースとナースコール親機で通話することも可能です。
  • 子機間(ハンディ同士)でも通話可能です。
  • 子機間通話中でもナースコール呼出を割り込ませれます。
定価
  •  メーカー問合せ

5)ファガス

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • 緊急通報や通話、トイレセンサーなど様々な機器との連携するナースコールシステムです。
  • サービス付き高齢者住居などにもお勧めです。
  • リビング・寝室・バス・トイレなどに、異常を知らせる緊急呼出ボタンを設置し、ボタンを押すことで報知するシステムを作れます。
  • ハンズフリー通話で天井スピーカーから利用者さんとコミュニケーションをとれます。
  • トイレで動けなくなった場合、センサーが検知し通報してくれます。
  • 緊急ボタンを設置でき、押してから一定時間が経過すると、スタッフルームに音声で異変を知らせてくれます。
定価
  •  メーカー問合せ

6)ライブケア

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • 緊急ボタンやセンサーの作動で、あらかじめ設定された連絡先へ異常を知らせます。
  • ワンタッチで緊急通報を行う事ができます。
  • サービス付き高齢者住宅への設置に最適です。
  • ライフリズム機能があり、ワイヤレス熱線センサーを設置することで一定時間人の動きがないことを検知した場合、通報します。
  • 相談ボタンを押せば、ナースコール機能として使用できます。
  • ペンダント式非常ボタンもございます。
定価
  •  メーカー問合せ

 

ナースコールの見積りはこちら【全国対応】

 

【アイホン】タイプ別の選び方とは?

大前提として、アイホンは既存の電話回線や設置済の配線を利用することが多く、導入にコストがかかります。

ただし、機能や安全面の信用性は高く、数多くの大型医療施設や多床数の高齢者福祉施設で採用されています。既存の配線が設置済である場合、誤作動などによる事故を防ぎたい場合などはお勧めです。

  • 既存の配線や、活用できる電話回線があり、導入コストを抑えることができる。
  • 多床数で複合施設などの場合。
  • 医療施設などでも使用されているなどの信用性を重要視する場合。

以上のことに留意して選んでみましょう!

 

ナースコールの見積りはこちら【全国対応】