【アイホンの価格と評判】ナースコールの最大手

この記事の監修者
斉藤 正行
一般社団法人全国介護事業者連盟 理事長

1978年に奈良県生駒市で生まれる。2018年6月に一般社団法人全国介護事業者連盟の設立に参画、2020年6月に理事長に就任。この他、介護団体・法人の要職等を兼任し、介護業界の発展に心血を注いでいる。

今回は【アイホンの価格と評判】ナースコールの最大手をご紹介します。

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
アイホンはナースコールの最大手メーカーです。有線式と無線式から選べて、各種ソフトやビジネスホンとも連動が可能。ただし、導入費用が高価になるところが唯一のネックと言えます。

 

 

アイホンのナースコール価格と評判

1)Vi-nurse

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • ボード型PC親機タイプと卓上型PC親機があります。
  • すべての画面がタッチパネルでタッチ操作が可能です。
  • ボード型PC親機は壁にしっかり固定するので、自身の際など転倒落下の可能性が軽減されます。
  • ボード型PC親機はホワイトボード機能がついており、タッチペンを使用し、情報記録にも使用できます。
  • スマートフォンと連動させることも可能です。病棟内、施設内のどこでも看護、介護業務をアシストできます。
  • 呼び出しボタンはハンディタイプと握りタイプがあります。
定価
  •  メーカー問合せ

2)NBM-DN

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

 

長所
  • 小規模施設、医療施設向けのナースコールシステムです。
  • ワイヤレス呼出ボタンを使用できます。
  • 利用者さんの状態に合わせて、「息」「音」「近接」「タッチ」の4パターンから呼出方法が選べる仕様になっています。
  • 既設のナースコールがある場合は親機のみの取替の為、大変お得に導入できます。
  • 過去の履歴を様々な検索条件で検索できます。
  • グラフ表示で呼び出される際の傾向をグラフ化できます。
定価
  •  メーカー問合せ

3)NBEシリーズ

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • 既存で同時通話タイプのナースコールから切替の際は、子機・配線がそのまま使えますので、リニューアルに最適です。
  • 夜間は指定のハンディナースに呼出を集中させる事ができます。
  • ベッド単位での通話とルーム単位での通話をタイプで選択できます。
定価
  •  メーカー問合せ

 

 

4)ハンディナースシステム

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • 巡回などでフロアーを移動していても、呼出に応答できます。
  • 無線式の為、導入にコストを抑えることができます。
  • 担当介護士の方を直接指定して、呼出すことができます。
  • ハンディナースとナースコール親機で通話することも可能です。
  • 子機間(ハンディ同士)でも通話可能です。
  • 子機間通話中でもナースコール呼出を割り込ませれます。
定価
  •  メーカー問合せ

5)ファガス

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • 緊急通報や通話、トイレセンサーなど様々な機器との連携するナースコールシステムです。
  • サービス付き高齢者住居などにもお勧めです。
  • リビング・寝室・バス・トイレなどに、異常を知らせる緊急呼出ボタンを設置し、ボタンを押すことで報知するシステムを作れます。
  • ハンズフリー通話で天井スピーカーから利用者さんとコミュニケーションをとれます。
  • トイレで動けなくなった場合、センサーが検知し通報してくれます。
  • 緊急ボタンを設置でき、押してから一定時間が経過すると、スタッフルームに音声で異変を知らせてくれます。
定価
  •  メーカー問合せ

6)ライブケア

【引用】:アイホン株式会社 ホームページ

長所
  • 緊急ボタンやセンサーの作動で、あらかじめ設定された連絡先へ異常を知らせます。
  • ワンタッチで緊急通報を行う事ができます。
  • サービス付き高齢者住宅への設置に最適です。
  • ライフリズム機能があり、ワイヤレス熱線センサーを設置することで一定時間人の動きがないことを検知した場合、通報します。
  • 相談ボタンを押せば、ナースコール機能として使用できます。
  • ペンダント式非常ボタンもございます。
定価
  •  メーカー問合せ

 

 

アイホンの口コミとは?

【総合満足度】★★★★★

おじいちゃんおばあちゃんが具合悪い時困ってる時でも、ボタンを押していただければすぐ部屋の方に行きます。ボタンはベッドのすぐそばにあり利用するおじいちゃんおばあちゃんは安心して過ごされております。これからもおじいちゃんおばあちゃんのために頑張って行きたいと思います

【総合満足度】★★★★☆

要件があればナースコールでスタッフを呼べば良いので利用者には便利である。しかし、自殺願望がある方になると紐を首に巻き付ける道具となることもある。現代の技術では、音声対応も可能なので、「スタッフ呼んで」と言えばナースコールが鳴らせるようなものがあってもいいと思います。しかし、認知症の程度で使える人と使えない人に分かれるのでそういった点は注意が必要です。

【総合満足度】★★★★☆

メリットはご利用者様が用事がある時に押すことでとこの部屋の誰が用事があるのかが分かる。デメリットは認知症の方などが使用される場合意味がわからずに連打されると他の用がある方、緊急の方のナースコールが拾えなくなってしまう。

【総合満足度】★★★★☆

簡単な操作で双方使用しやすい。音の広い方もまずまずと、思います。介護施設なので、マイクがなくボタンだけの所があるが、やはり押しボタンのところはマイクがないと、対応に困ることがある。(スタッフを呼べない)

【総合満足度】★★★★☆

去年勤めていた病院で使用していました。昔のナースコールに比べ色が見やすいのと手持ちの方にはサイドにもボタンが付いており、握っただけで呼べるというのが安心すると患者さんが言っていたのでメリットだと思います。ただボタンが多いためどれを押せば良いのかと迷っている患者さんもたまにいました。私のいた病院では看護師が全てナースコール対応していたため、患者さんが迷うならボタンは一つでも良いと思いますが、他職種で関わる場合にはボタンが複数あり、トイレか点滴かなど用途がスタッフに伝わるようにボタンを押してもらえるので病院によりけりかと思います。

 

 

【総合満足度】★★★★☆

延長コードが取り付けられるので、人によっては居室のベッドから離れた場所(洗面所・クローゼット前など)ナースコールでスタッフを呼ぶことができます。ナースコールのプッシュボタンが多面なためにどのように握っても感知してスタッフを呼ぶことができます。

【総合満足度】★★★★☆

特別養護老人ホームで働かせていただいていますが、ご利用者にとってナースコールは命綱だと思っております。現在使用しているナースコールはphsとも連動しており、耳が遠い人でなければ離れた場所にいても会話をする事が出来ますのでその辺は便利かなと思います。また端子を繋ぎ変えることでセンサーマットも接続出来、コールセンサーとしても使用できる事がメリットです。

【総合満足度】★★★★☆

緊急時、特に周りに人がいなくて異変に気づきにくい夜間に患者自らが異常時であることを教えてくれる機能があることは良いです。命を救える可能性がかなり伸びます。まれにボタンが押しっぱなしになることから無駄に出動することになる。患者が嫌がらせ、いたずらで押すこともあるので、迷惑が生まれる元でもあることもあります。

【総合満足度】★★★★☆

施設のは卓上のものになります。メリットは詰め所にいてなっているところを目ですぐ確認できスタッフ間での仕事いらいが潤滑に行えること。デメリットは、止めにいかなくてはないことで、現施設ではPHSがないため、すぐにナースコールを止めることができないことです。

【総合満足度】★★★★☆

まったく不満はありませんが、わたしが勤務している高齢者施設では、一年に2回、消防施設の点検のため、計画的に停電します。その際にナースコールが使えず、入所者には事前に鈴を配って対応しています。ナースコールの有り難さがわかります。

 

 

【総合満足度】★★★★☆

入居者様がナースコールを押した際は、すぐに待機場所にある固定のコールやピッチが鳴るので、入居者様は安心して過ごす事ができると思います。逆に、ピッチは同時に鳴るのではなく、設定されている番号が小さい順から時間差で鳴るので、番号が大きいピッチを人が2コールで取ったとしても、入居者様からするとナースコールを押しててしばらくして出た事に感じてしまうのがデメリットだと思います。

【総合満足度】★★★★☆

数年前に病院に導入されたのは、PHSが連動されたナースコールでした。今まではナースステーションまで戻るか、廊下の点滅でコールを取る形でしたが、PHSはとても便利です。部屋番号とベットの位置が表示されるので、どこに寝ている患者さんかすぐにわかります。自分の担当患者が呼んでいる場合、すぐに駆けつけることも出来ます。
PHSによっては、表示速度が遅いものがあり、ナースコールが鳴っているのになかなか表示されないということもありました。個室のナースコールで、ベット上から押しているのに、表示には「OO号室 トイレ」と表示されることもあります。それがデメリットでしょうか。

【総合満足度】★★★★☆

当施設で使用にているナースコールのメリットは、高齢で介助の必要のある入所者が夜中にトイレへ行こうとベッドから起きるとスタッフがすぐに気付けるように、ナースコールとセンサーマットを繋いでいるのですぐに介助しに行けます。迷惑をかけたくないとから自分でナースコールを押さず(スタッフを呼ばないで)一人でしようとする方もいるので介助側としては助かります。

デメリットは、認知症で用事もないのにボタンがあるから押したという方もいらっしゃる点では難点です。もちろんナースコールを通じて話せる方なら「どうしました?」と確認出来るのですが、失語症などの障害と認知症の方はなかなかナースコールを理解してもらうのが難しいです。

【総合満足度】★★★☆☆

有線であることにデメリットを感じています。僕は理学療法士として勤務しています。右片麻痺の方は左側からの起き上がりがしやすいです。また、右手ではボタンを押すことができない方も多くいます。その際、部屋やベッドの位置を環境調整します。その際に、部屋の割り振り等でどうしても有線が邪魔になるなベッド環境になってしまうことがあります。壁から有線でナースコールがあるために、枕の下に線を通したりが必要なことなどです。病識が乏しい患者さんなどでは首などに引っ掛からないか注意が必要なこともあります。

また、寝ている間などにナースコールがベッド下に垂れ下がってしまいナースコールを押したくても押せない状況があります。そのため、ベッド柵に有線をグルグルとまき固定したり、ビニールテープで固定したりしています。なにか、固定するキットみたいなものがあれば、、と感じることもあります。
メリットはセンサーマットや、赤外線コールなどがあり、病識が乏しい方の行動把握が行えていることです。転倒を防げる確率が増えます。また、頚椎損傷などで両上肢が動かせない方も、ブレスコールで看護師を呼ぶことができたケースもあります。

【総合満足度】★★★☆☆

メリットは握るだけでナースコールが押せることです。身体障害分野の回復期病棟なので、手の不自由な人も多いですが、握ることが出来る人は割といるので重宝します。デメリットは線が抜けやすいように思います。半抜けになるとナースステーションでコールが鳴り響きます。

 

 

【総合満足度】★★★☆☆

メリットは入所さんが扱いやすい上に理解しやすい点がメリットだと考えますね。デメリットとしては、対応する職員に音が少し不快に思われる所だと思います。なるべくは耳に優しい呼び出し音に変えていただければ良いかなって考えます。コールが沢山なると頭に残るので。

【総合満足度】★★★☆☆

緊急の際はすぐに呼び出しをしてもらえるので、スタッフがどこに所在していてもすぐに対応しに行くことが出来るので助かる面はあります。その反面頻繁になっていると夜間帯などは静かなので音が聞こえてしまう居室もあり睡眠の妨げになる方もいらっしゃる印象があります。

【総合満足度】★★★☆☆

【メリット】
必要時、すぐに患者へ対応ができる、作業の効率が良い、患者に安心感を与えることができる。
【デメリット】
視力障害の方手に届かない時あり、延長コードすると転倒のリスクの原因になる、ナースコール混雑時に対応しきれない時がある。

【総合満足度】★★★☆☆

メリットは押しやすい事です。長さも調整できるようなのでその点もいいと思います。押す時の圧力もそれほど必要ないので、押しやすいです。デメリットは呼出握りボタンがもう少し大きくてもいいかなぁと思います。時々見えなくなる事があります。

【総合満足度】★★★☆☆

認知面がクリアな利用者さんにとってはナースコールがあるほうが変化に気がつけるが、認知症の方や認知面が低下している方はなぜ押すのか理由や仕組みを理解されるのが難しい方に上手く利用出来てない為、ナースコールがあっても、付きっきりを要する事がある。

 

 

【総合満足度】★★★☆☆

基本的操作はピッチすなわち携帯電話と同じ操作性と動作はします。ただし現代のスマホなどを駆使したIoT化に向けて、ナースコール自体も大きな病院のように介護ソフトと付帯したナースコールだと特変時に対応しやすいのではないかと思います。

【総合満足度】★★★☆☆

デザインも良く様々な種類があるのでいくつか使い分けてます。ワイヤレスボタンはコードの場所を取らないので好評です。ハンドのものは患者さんがやや使いにくそうに思えます。親機が壁に取り付けられるのも良いです。ただ大きいので圧迫感があるのが難点です。

【総合満足度】★★★☆☆

扱いに全職員が注意しなければ破損することが多く修理や買い替えに費用がかかることがあります。利用者さんにとっては命綱でもあり、タイムリーに職員とつながる点では便利だと思います。できれば保守対応を強化した販売をしてほしいです。

【総合満足度】★★★☆☆

メリットはやはり便利な機械です。介護施設にはいろいろな認知症の方が入居されています。自分の意思でボタンを押せる方は何回も呼び同じお話を繰り返します。時には他の入居者に付いているとすぐには行けないです。
狼少年のお話のように、また同じ話だろうと油断して行かない時があります。そんな時に限ってホントに重大な事、緊急な事が起こったら大変になると思うところがデメリットです。

【総合満足度】★★★☆☆

グループホームに勤めていますが、認知症状の軽い方であれば、ある程度コールを押すことが出来るので、歩行が悪い方が深夜トイレに行きたいとき等に有効なので良いのですが、認知症状が進行している方は使い方そのものが分からず、コールを全く使用して頂けない事がデメリットです。

 

 

【総合満足度】★★★☆☆

本体が白、押す部分がオレンジで目で見てハッキリと分かるためベッド上で見つかりやすい点がメリットだと思う。デメリットとしては、コードをベッド柵に巻き付ける人が多いので、ベッドメイキング後もなんとなくパッと見た感じに煩雑感がある。

【総合満足度】★★★☆☆

有線タイプなのでボタンが行方不明になる事なく、使用出来ます。利用者さんの臥床姿勢に合わせた配置にしやすいです。逆に、コードが長過ぎて絡まってしまったり自分でベッド柵に巻き付けてしまう方もいらっしゃるので、シーツ交換時等、柵を外さなければいけない時にタイムロスになる事が多いです。

【総合満足度】★★★☆☆

ナースコールは、すぐに来ていただきたいときだと思います。ナースコールに線がとても絡まりやすくナースコールを押すまで時間がかかり不便だったような気がします。色てきには、白で清潔感がありとてもよかったことを思い出されます。

【総合満足度】★★★☆☆

スタッフステーションの情報共有に貢献する大画面を搭載されていて、看護計画の立案などに役立つ情報処理機能で、ストレスフリーな看護を支援してくれます。すべての画面がタッチパネルになっており、直感的に操作ができます。

【総合満足度】★★★☆☆

ナースコールは2件まで同時に患者の要件を看護師に伝えているが、3件目件目以降は認識しない。3件目に押した患者さんが待ちぼうけしてしまう時がある。患者には必要な時に押してくださいと伝えていますが、ナースコールがなって急いでいくと、腕が当たっただけですとか、ほんとの非常事態で呼んでもらえることは少ない。

 

 

【総合満足度】★★★☆☆

メリットは、利用者様の助けがいつでも聞こえるところですが、デメリットはナースコール自体ではなく、それを扱う側に原因がある方が多いです。手元にある物体がナースコールだとわからず、無理矢理外して「私の物だ」とカバンに入れてしまった利用者様にはほとほと困りました。
外しやすい物の方が安く上がるのですが、上記のような事件を防ぐために取り外し不可の物を頼むと保証金が高かったりと、痛し痒しです。

【総合満足度】★★★☆☆

メリットは、利用者様の助けがいつでも聞こえるところですが、デメリットはナースコール自体ではなく、それを扱う側に原因がある方が多いです。手元にある物体がナースコールだとわからず、無理矢理外して「私の物だ」とカバンに入れてしまった利用者様にはほとほと困りました。
外しやすい物の方が安く上がるのですが、上記のような事件を防ぐために取り外し不可の物を頼むと保証金が高かったりと、痛し痒しです。

 

 

【アイホン】タイプ別の選び方とは?

アイホンのナースコールは既存の電話回線や設置済の配線を利用することが多く、導入にコストがかかります。

ただし、機能や安全面の信用性は高く、数多くの大型医療施設や多床数の高齢者福祉施設で採用されています。既存の配線が設置済である場合、誤作動などによる事故を防ぎたい場合などはお勧めです。

  • 既存の配線や、活用できる電話回線があり、導入コストを抑えることができる。
  • 多床数で複合施設などの場合。
  • 医療施設などでも使用されているなどの信用性を重要視する場合。

以上のことに留意して選んでみましょう!【ナースコールメーカー6社】価格やおすすめ評判とは?もご覧ください。

 

 

この記事の監修者
斉藤 正行
一般社団法人全国介護事業者連盟 理事長

1978年に奈良県生駒市で生まれる。大学卒業後、コンサルティング会社に入社。その後、介護業界に転身。老人ホーム会社の取締役運営事業本部長などを経て、2013年8月に株式会社日本介護ベンチャーコンサルティンググループを設立。2018年6月に一般社団法人全国介護事業者連盟の設立に参画、2020年6月に理事長に就任。この他、介護団体・法人の要職等を兼任し、介護業界の発展に心血を注いでいる。

 

ナースコールの導入カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です