【介護施設の防犯カメラ】おすすめメーカーと価格相場

今回は、【介護施設の防犯カメラ】おすすめメーカーと価格相場をご紹介します。

【現役】福祉用具の営業マン
【現役】福祉用具の営業マン
こんにちは、私は福祉用具専門相談員として営業をしております。今回は介護施設向けの防犯カメラのおすすめメーカーと価格相場をご紹介します。防犯カメラのメリットとデメリットもご覧ください。

 

 

【介護施設の防犯カメラ】おすすめメーカーと価格とは?

1)アルコム【RD-4755A】

引用:株式会社アルコム ホームページ

長所
  • 接続、設置が簡単です。難しい設定をする必要がなく、機械に疎い方でも簡単に扱う事ができます。
  • 200万画素の高画質の為、より鮮明に撮影することが可能です。
  • 人感検知センサーにて、熱源や動作を検知します。同時に録画を開始する機能や、メールでの報知、アラームでの報知機能などが付いております。
  • 付属のブランケットを使用して、天井へ取り付けることが可能です。カメラ確度を自由に調整することが可能です。
  • 設置はネジで3点止めと、簡単です。
  • 32GBの大容量でのデータ保存が可能です。
短所
  • 天井設置時に、多少目立つ仕様となっております。
  • 撮影範囲が縦90°、横180°の為、死角ができます。
価格 参考価格:35,200円(税別)

 

2)マザーツール【MTD-E716AHD】

引用:株式会社マザーツール ホームページ

長所
  • レンズの向きが見えずらいスモークカバーが備わっております。
  • 水平状態で視野角が約79°確認可能です。
  • 屋内での設置モデルとなります。
  • コンパクトボディの為、威圧感がありません。
  • 3軸構造の為、カメラの向きが容易に変更可能です。
  • AHD信号とCVBS信号をスイッチで簡単に切替ができます。
  • 電子感度アップ機能が備わっており、被写体を最低照度0.005Luxまで撮影する事ができます。
  • コストパフォーマンスが高い防犯カメラです。
短所
  • メニューの日本語表示ができません。
価格 参考価格:18,000円(税別)

 

 

3)NSK【ぴよかめ NS-Y9030BR】

引用:株式会社NSK ホームページ

長所
  • かわいい見た目で圧迫感がありません。
  • 防犯カメラでもあり、見守りカメラとしても使用する事ができます。
  • バッテーリー不足など、機能状態を表情で表現します。
  • 高画質の200万画素のカメラを搭載しております。
  • 広角レンズを搭載しており、水平視野角137°を撮影する事が可能です。
  • 赤外線IR希望が付いております。暗闇の中で夜間の暗視撮影が可能です
  • 設置個所からの視野角内に動きがあった場合はすぐに報知します。
  • マイクとスピーカーで双方向の会話が可能です。
  • 尻尾部分の温室センサーがついております。熱中症など危険回避が可能です。
  • スマートフォンから遠隔での映像確認ができます。
短所
  • 蓄電式なので定期的な充電が必要です。
価格 参考価格:31,320円(税別)

 

4)パナソニック【MV-SPW311AL】

引用:パナソニック株式会社 ホームページ

長所
  • ズーム比3.6倍バリフォーカルレンズを搭載しております。
  • 新開発のコーデックエンジン搭載によりHD1280×720p画質で最大毎秒60フレームの撮影が可能です。
  • シャッタースピードが異なる画像同士を合成し、照度差大きくとも、画素単位で明るさ補正を自動で行います。
  • 高感度MOSセンサーとノイズリダクション機能を搭載しております。
  • 防塵・防水性能はIP66に準拠しております。そのため高い防塵性と防水性があります。
  • 屋外で使用する防犯カメラです。
短所
  • 高品質な為、価格帯としては高めです。
価格 参考価格:145,000円(税別)

 

 

5)キヤノン【VB-M741LE】

引用:キヤノン株式会社 ホームページ

長所
  • 親水コーティングがあり、水と親和性の高い特性のコーティングがされております。そのため、雨水などでの光の乱反射が抑えられます。
  • 親水コーティングにより、雨水などでの水垢がつき難い作りになっております。
  • 赤外線照明が備わっており、夜間の暗闇での撮影も可能です。
  • 防水・防塵機能が非常に高い防犯カメラです。
  • 水平視野角113°の広角レンズを搭載しております。
  • 監視中の異常事態を自動で検知し、報知する機能が備わっております。
短所
  • 高品質な為、価格帯としては高めです。
価格 参考価格:180,000円(税別)

 

【介護施設の防犯カメラ】選び方とは?

防犯カメラについては、設置する場所が屋内なのか屋外なのかで選びます。

  • 1,2,3は屋内で設置をおすすめします。
  • 3は屋内または、居室内での設置をおすすめします。居室内であれば、利用者の見守りカメラとして利用できます。
  • 4,5は屋外での設置をおすすめします。

 

 

防犯・監視カメラカテゴリーの記事